体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[PR]年末だし不要な物は片付けてみませんか? 安全・無償引取りの『パソコンファーム』がお手伝い

パソコンファーム


不要になったパソコン、家電、電子部品、楽器類、ゲーム機、携帯電話など部屋に放置していたりしないでしょうか? 使わない物、壊れた物はさっさと廃棄してしまうのが得策と言えます。しかし安易に捨てるのは注意が必要です! パソコンや携帯電話には個人情報が入っており、たとえ使えなくなっていても、ハードディスク(HDD)やメモリーなどの“ゴミ”からでも情報が盗まれてしまう恐れがあるのです。

また平成13年に施行された家電リサイクル法では家電を廃棄することができなくなりました。物により値段が定められており、廃棄時はその値段を支払わないといけません。

ゴミを捨てるだけなのに色々と悩まなければいけない、こんな時代だからこそ便利なのがここ最近活発な業界、「不要品回収業」。

中でも個人情報を消してくれるという『パソコンファーム』にスポットを当てて紹介したいと思います。このパソコンファーム』は“全国無料処分”をうたっており、連絡なしで送っても大丈夫とのこと! 本当に?

そもそも、なぜ無料で処分ができるのでしょうか。『パソコンファーム』ウェブサイトによると電子部品・プリント基板等の金属スクラップから、金・銀・白金・パラジウム・サマリウム・ニッケル・アルミニウム・銅・錫・鉛等、いわゆるレアメタルを含む金属類を回収しリサイクルしているためなのです。

また先ほど述べましたデータに関する配慮も万全。データを物理的に破損させる機械やソフトによって消去させる機械を使ってデータを削除しています。もちろんパソコンを送る際はHDDを外して送っても大丈夫とのこと。

データの消去については証明書も発行しているので、きちんとデータが削除されたかどうか不安な方はこちらを併用すると良いかもしれないですね。

特に企業で大量の不要品が出てしまった際に助かりそうなサービス。連絡なしで送っても良いと言うのが嬉しいです。

データ消去

ただし中には処分できない物もあるらしいです。木製テレビ、冷蔵庫(一部処分可能)、エレクトーンなどが挙げられるそうです。詳しくは『パソコンファーム』に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

不要品の渡し方は4種類です。
その1:運送会社に連絡 …… 連絡をして製品を送る(元払いのみ)。
その2:直接持ち込み …… 直接持って行きます。時間は10:00-12:00 13:00-20:00の間
その3:訪問回収 …… メールか電話で依頼し訪問日時を決定。その日に回収に来ます。
その4:回収ボックス配送サービス …… 代引きで受け取り送り返しは『パソコンファーム』負担。

部屋を一気に片付けたいが不要品だらけ。処分にお金が掛かってしまうと悩んでいる人、オフィスの引っ越しで不要品が大量に出てしまって困っているという企業の方にもぜひオススメしたい『パソコンファーム』。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。