体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「『Facebook』流行ってる」論ってだれ得なの?

Parsleyの「添え物は添え物らしく」

今回はParsleyさんのブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』からご寄稿いただきました。

「『Facebook』流行ってる」論ってだれ得なの?
個人的に『Facebook』は、アカウントを取得して以来、『tumblr』と『Twitter』のポストを流すだけの、一種のミラーサイトみたいなものだったのだけれど、ここ最近になって主にITベンチャー系の方々が急に使いはじめていたら、あちこちから「『Facebook』きてる! 超きてる!!」みたいな記事がぽこぽこと『はてなブックマーク』でホットエントリーに入っていて、「???」という感じだった。一応、『Parsley』も流れに乗って友達リクエストを承認したり送ってみたりしていたのだけれど、やっぱり違和感をぬぐいきれずにいたので、一応まとめてみたいと思う。

これまでの流れは、『In the looop』様の「【続編】Facebookは日本に普及するだろうか?」に詳しく書かれている*1 ので、ご参考に。

*1:「【続編】Facebookは日本に普及するだろうか?」2010/10/21『In the looop』
http://blogs.itmedia.co.jp/saito/2010/10/facebook-ads-ae.html

確かに、日本のユーザー数が9月~10月に激増して160万人に迫る勢いというのは驚異的。『TECH SE7EN』様の記事*2 によると、女性が51%とわずかに多いというデータは興味深い。なぜか『Parsley』のまわりにはあまり見当たらないけど……。ただ、160万人という数字は多いようで実のところ微妙。

例えば、イラスト投稿SNSの『pixiv』は8月末の時点で会員数約230万人で、一年間で約100万人増加しており、今でも3000~4000人/日で新たなユーザーが登録しているという。単純な比較はできないけれど、個人的にはコンテンツ制作のすそ野の広がりを考えれば「こちらの方がすごくない?」と思う。

広告的なスケールでいえば、『mixi』、『GREE』、『モバゲータウン』がいずれも2000万人以上で、『Twitter』の日本のユーザー数が約1700万人という規模であることを考えれば、「まだまだ」というか、「ぜんぜん」じゃないのか、という疑問を抱く。

*2:「Facebookが本当に始まっている件―日本のユーザーが急激な増加で150万人突破」2010/10/14『TECH SE7EN』
http://techse7en.com/archives/1255450.html

なんだか皆様のエントリーを拝見していると、“いいね!”ボタンがいいとかおっしゃっているみたいなんだけれど、それって『はてなスター』とあまり違わないし、『mixiチェック』もはじまっている。ソーシャルグラフのユーザー獲得競争で、何馬身離れているんだ、みたいに感じてしまう。

なんだか考えれば考えるほど、「『Facebook』きてる! 超きてる!!」って本気でおっしゃっているんですか、というふうに問いかけたくなってしまうのだけど(特に『The Social Network』*3 がお正月映画で公開されるから、とか挙げていらっしゃる方には)、実際『Facebook』が日本でキャズムを越えるには、3点の障害があるように思える。

*3:映画『The Social Network』公式サイト
http://www.thesocialnetwork-movie.com/

1・携帯(ガラケー)に現時点で積極的でないこと

今どきそんなウェブサービスの方が少ないよ、やる気あるの? と、思っていたらひっそり対応していました。*4 なんで大々的に宣伝しないのだろ?? まじめに日本で三大SNSとガチンコする気なら10代~20代向けのコンテンツの充実を図ることが欠かせない。いうまでもなく、彼らはパソコン(PC)ではなく携帯を使っている。更にいうと、60代以上のボリュームゾーンも実は“ケータイ(らくらくフォン)世代”だ。

*4:『Facebookモバイル』
http://www.facebook.com/mobile/

2・ユーザーインターフェース(UI)が日本向けではないこと

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。