体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

生主インタビュー『エリックさん』 「ひきこもりネトゲ廃人からファッション誌読者モデルへ ニコ生が変えた人生」

ふかみん-エリック-ひろゆき

ニコニコ生放送などのネット中継サービスが花盛り。そこで活躍する配信者は生放送主、略して『生主(なまぬし)』と呼ばれる。この『生主インタビュー』は、注目が集まりつつある生主たちの実態に迫るべく企画されたものである。今回は生主『エリックさん』インタビューの4回目、最終回です。

登場人物
エリック:生主。お散歩配信やゲーム配信で有名。元ネットゲーム廃人。ニコニコ動画を通して、男性ファッション誌の読者モデルとなる。コミュニティID:co61891

ふかみん:ききて。生主にすごく興味はあるけど、まだ有名生主について詳しくない。過疎コミュニティの生主も一応やっている。コミュニティID:co10818

ひろゆき:ニコニコ動画管理人。たまたま遊びにきてゲームをしていた。

ふかみん-エリックさん

●外配信のハードルが高くなってきた

エリック:外配信のハードルが、今すごく高くなってるんですよね(家の中から外に出て配信することを『外配信(そとはいしん)』という)。普通に配信してたらつまんない。もう、全身タイツは普通なんです。

ふかみん:絶対普通じゃないと思います。

エリック:普通に散歩するだけの放送ではリスナーが納得しなくなってきてるんですよね。もっと面白いことやれよ、と言われて。そこらへんのプレッシャーもあって、なかなか気軽にやりづらくなっちゃった。

ふかみん:それって、期待に応えなくちゃいけないもんなんですかね……。

エリック:コミュニティの参加者が多い生主は、みんな身を削ってますね。

ふかみん:それ続けてたら燃え尽きちゃうんじゃないですか?

エリック:燃え尽きて引退していく人達もいましたね。

ふかみん:そこまで思い詰めてやっちゃうと、配信者の入れ替わりが激しくなりそうですね。生主界もトップクラスになると大変なんだなぁ。

エリック:リスナーが増えるとコメントも増えるわけなんですけど、それがいいことばっかりじゃなかったりもするんですよね。

ふかみん:やっぱりコメントってほめてくれるばかりじゃないですよね。そういうの読んでて、いやになったりしないんですか?

エリック:リスナー全員に好かれるような人間っていないと思うんですよ。コミュニティの規模が万単位になってくると、よく思っていない人が数百~数千人はいると思うんですよ。また、コメントはコミュニティに入っていなくてもできるので、いわゆる”アンチコメント(悪意あるコメント)”はそういうところからも出てくると思うんです。女性生主はおよそ3ヶ月で燃え尽きるという説もあります。また、生主同士の足の引っ張り合いってのもあるようです。3ヶ月ぐらい放送をやって、人気が出てくると叩かれだす。

ふかみん:それを乗り越えた人っているんですか?

エリック:いますよ。そういう人達でもやっぱり”アンチコメント”はあるんですが、そこも乗り越えて放送を続けている。

ふかみん:乗り越えるコツってあるんですか?

エリック:”スルー”ですね。

ふかみん:相手にしない、と。

エリック:みんな反応しちゃうんですよね。”アンチ”が来るとそのコメントを読んで反論してみたりとか。でも”アンチ”の人達は、反応されることを楽しんでいたりするので、なんらかの反応があると、さらに煽るんですよね。スルーして相手にしないでおくと、つまんなくなってどこかへ行ってしまうはずです。

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。