ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

シャッターを切ると芸術作品に!? 画像処理機能を搭載したカシオ『EXILIM EX-ZR10』発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
EXILIM EX-ZR10

カシオ計算機は、HDR(High Dynamic Range)技術をを搭載し、“白飛び”や“黒つぶれ”を抑えて目で見ている景色をそのまま撮れる『EXILIM EX-ZR10(以下、EX-ZR10)』を11月26日より発売します。高速撮影と画像処理を融合させた新エンジン『EXILIM ENGINE HS』を搭載し、撮影した写真を芸術的に加工する『HDRアート』機能を実現するなど、デジタルカメラの新しい楽しみ方を提案します。

『EX-ZR10』は、『EXILIM ENGINE HS』と高感度1200万画素裏面CMOSセンサーを搭載。露出の異なる連写画像を合成し、ダイナミックレンジが広がった1枚の画像に納めるHDR技術により、白飛びや黒つぶれを抑えて、明るいところから暗いところまで鮮明に再現した写真を撮影できます。また、このHDR技術により芸術的な写真をつくり出す『HDRアート』機能も実現。カメラが被写体を解析し、局所的にコントラストや彩度の強弱をコントロールすることで、ワンシャッターで芸術的な作品を創ります。

EXILIM EX-ZR10

広角28mmからの光学7倍ズームレンズを搭載。『プレミアズーム(マルチ超解像)』により14倍相当まで劣化を抑えたズームできます。わずか0.37秒の撮影間隔を実現しており、最大40枚/秒の超高速連写も可能になったほか、スローモーションの動画が撮れるハイスピードムービー(最大480fps)、フルハイビジョンムービー(H.264)も搭載。ムービー撮影中に光学ズームを動作させたり、高速連写で静止画を撮影も行えます。

「撮る、見る、記録する」から「創る、見せる」へと、楽しみ方の幅が広がるデジタルカメラです。カラーはシルバー、ブラック、サイズはW101.9×H58.7×D27.4mm、重さ176g(電池、メモリーカード含む)、価格はオープンです。
 
 

■関連記事
カシオが屋内でも測位可能な『ハイブリッドGPS』を搭載した『EXILIM EX-H20G』を発売へ
ゴルフのスイングチェックに! カシオがハイスピードデジカメ『EX-FC160S』発売へ
『iPhone 4』のカメラに魚眼や望遠レンズを! 撮影補助レンズキット『PIP-CK4』シリーズ発売へ
アーティストD[di:] を起用し〝モノとしての美しさ”を追求したヘッドホン『TH-5B/7B』発売へ
やっぱり必要? スレートPC用スタンドと『iPhone/iPad』対応タッチペンをエレコムが発売

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。