体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【悲報】格安SIMを契約したけど俺のタブレットじゃ使えなかった件

sim-1_R

最近、巷でウワサの「格安SIM」が気になる今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょう?

ちなみに筆者も以前はスマホを使っていました。そういうガジェット大好きなので『シャープ SH-10B』とか白ロムで安く買ってウハウハしていました。

しかし、残念な事にOS(android)のバージョンアップが出来ないと言う悲劇が訪れ、結果として毎月5千円以上も払うのはもったいない感が芽生え、ガラケーに戻した次第です。ガラケーに戻して思ったのは

「充電とか気にしなくていいし、コレはコレで電話機として優れている」

みたいな感じです。なんでもないような事が幸せだったと思ったりして。外で携帯をイジらないならガラケー最強であると。

しかし、最近は「格安SIM」なる物があると言う噂…

これは乗るしかないんじゃないか? 千円前後で世の中がチョイと便利になるなら安いんじゃないか? 携帯が毎月二千円くらいだからプラス千円でもスマホの維持費より安いんじゃないか?

そう思った次第です。はい。

注目の格安SIM『NifMo』を契約してみた

と、言う訳で3秒考えて「格安SIM」の『NifMo』をマッハで契約。何故に『NifMo』にしたかと言うと、自分がずっと『Nifty』を使っていると言う単純な理由。あと

「全国の有料Wi-Fiスポットが追加料金なし!」

みたいな点も素晴らしいかなと思った次第です。なにせ『BBモバイルポイント』が使えるとなれば通信量を節約出来るので、2GBも使えれば十分かなと言う思惑もあったりしました。

そして、この手のガジェットを衝動買いしない為に、なるべくその手の情報をシャットアウトする

「最新モバイル機器鎖国法」

を自らに課し、浦島太郎状態で今日まで生きて来た筆者も開国。それほどのムーブメントが「格安SIM」なのです。

と、言う訳でインターネットでサクっと『NifMo』を契約した3秒後に、SIMフリーとしては値段も手頃なandroidタブレット

『Diginnos Tablet DG-Q8C3G SIMフリー』

を『ドスパラ』で購入。何せ全ての情報をシャットアウトしていたので、

「LTE? SIMフリー? 何それ美味しいの?」

ってくらいの勢いで、はっきり言って何がなんだか分かりません… とりあえずは

「格安SIMを活用するには、SIMフリー端末必須!」

と言う基礎だけはググって知ったみたいなレベルの筆者。自分で言うのもアレですが、はっきり言って「格安SIM」やタブレットをレビューする資格はありません。猿に毛が生えた程度の知識で記事を書くとか非常識です。

しかし、逆に考えると筆者レベルの浦島太郎は世の中に意外と多いのではないでしょうか?

「スマホからガラケーに戻してコレはコレで満足だけど、最近の格安SIMの月額料金なら気になっちゃうぜヘイ!」

みたいな人は少なくないはず… ならば、その目線で「格安SIM」をレビューしたら等身大と言うか同じ目線の記事が書けるはず。

sim-2_R

ネットに繋がらない悲劇

そして鼻息荒く届いた荷物を開梱し、写真も適当に済ませてSIMを刺す。そして『NifMo』の取扱説明書を読んで接続の設定をする筆者。

「あれ? アンテナ立つけど繋がらないんじゃね?」

何度もマニュアルを読み直し、パソコンでググりまくり情報を集め、タブレットと格闘する浦島太郎。しかし、無情にも接続出来る気配は1mmも感じられない…

確かに筆者は鎖国していたので、その手の情報には疎いのですが、そんなに難しい設定ではないと思うんですけど?

どんだけ頑張っても無理っぽいので『ドスパラ』のサポートセンターにメールしてみました。僕には無理です、助けて下さい…と。

sim-3_R

サポートセンターからの非情な通知

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。