ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本エイサーから3D対応プロジェクター『X1110/X1261』と3Dメガネ『E1b』発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

エイサー 3D対応プロジェクター『X1110/X1261』


日本エイサーは、『NVIDIA 3D VISION』および『DLP 3Dテクノロジー』対応プロジェクターとして、『Xシリーズ』からSVGAモデル『X1110』とXGAモデル『X1261』を8月6日より発売します。また、オプションとして『DLP 3Dテクノロジー』対応メガネ『E1b』も同時に発売します。

『X1110/X1261』は、『NVDIA 3D VISION』または『DLP 3Dテクノロジー』対応パソコンやAV機器、アクセサリー、コンテンツを利用して投射すると、大画面で迫力ある3D映像を楽しめるプロジェクターです。投射画面サイズは『X1110』が29~300インチ、『X1261』は23~300インチ、投射距離は『X1110』が1.2~11.3m、『X1261』は1.0~11.9mです。

エイサー 3D対応プロジェクター『X1110/X1261』

もちろん、通常のプロジェクターとしても使用可能。投影終了後に、アイドリングしなくても電源ケーブルを外せるダイレクトシャットダウン機能、垂直方向(±45°)の台形投影を自動補正する機能、1分以内なら何度でも電源ON/OFFの実行が可能なインスタント・レジューム機能など、多彩な機能を搭載しています。

また、エイサー初となる『DLP 3Dテクノロジー対応メガネ『E1b』をオプションとして同時に発売。投影光に同調するアクティブ・シャッター方式で、視聴可能距離は約12m、かつ投影画像に対する視覚角度も広いため、広いスペースで多人数の視聴にも適しています。

『X1110』のサイズはW280×H84×D84mm、重さ2.6㎏、『X1261』のサイズはW268×D192×H80mm、重さ2.2kg、予想販売価格は『X1110』は5万5000円前後、『X1261』は7万円前後です。
 
 

■関連記事
世界初3Dムービー対応! パナソニックから新3MOSセンサー搭載HDカメラ『HDC-TM750/650』発売へ
日本エイサー、3D対応型とフルハイビジョン画質のプロジェクターを発売へ
携帯電話のようなカラー電子辞書『Brain PW-AC10』発売へ
2画面分割やUSB接続機能を搭載! レノボ・ジャパンの液晶モニタ新製品2モデル
魔法のリングで水中撮影! カメラ一体型ゴーグル『アクアショットゴーグル』発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。