ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【東京おもちゃショー2010】“ケイドロ”遊び専用レーダー『ケイドレーダー』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ハピネットの『ケイドレーダー』

7月15日から18日の4日間、東京国際展示場(ビッグサイト)で開催されたおもちゃの見本市『東京おもちゃショー2010』。ハピネットは、警察と泥棒に分かれて遊ぶ鬼ごっこ“ケイドロ”遊び専用のレーダー『ケイドレーダー』を出展しました。

腕時計型の“ケイドロ”専用レーダー

本体を腕時計のように装着して、レーダーとして使えるガジェット。時間やアイコン、メッセージを表示する液晶モニタ、電波レベルメーターと残り時間5分を知らせるシグナル、3コの操作ボタン、音量調節スイッチが搭載されています。

警察役の“ポリス”、泥棒役の“ランナー”にチーム分けをして、各チームのボスを決めたら、制限時間やプレイエリア、脱獄のルールを決めて本体を設定。ゲームを開始します。鬼ごっこの間に相手チームのメンバーが近づくと、30~0mまでの5段階の距離に応じて、レベルメーターとサウンドで知らせてくれるという仕組み。モニタには「CAUTION!」「LOCK ON!!」などのメッセージやアイコンが表示され、緊迫感を盛り上げます。音で気づかれたくない場合は音量をOFFに設定可能。レーダーを頼りに逃亡と追跡を展開し、ゲームを進行させていきます。

戦績は本体に記録でき、勝ち数に応じて「ビギナー」「マスター」などのランクを表示する機能も。友だちとランクを競い合って楽しめます。

本体にはID番号を割り当ててグループ分けするので、同じ場所で複数のグループが同時に遊ぶことも可能。10人のグループが20組、合計200人が同時に遊ぶこともできるそうです。9月末の発売予定で、価格は2700円(税込み)。10月中旬からは、お笑い芸人を起用した体験イベントの開催も予定しています。この秋、小学生を中心にブームを巻き起こしそうな予感。昔“ケイドロ”で遊んだ大人たちにも評判を呼びそうです。

■関連記事
【東京おもちゃショー2010】『ポテチの手』に続いて“テンションアップシステム”搭載の『ポップコーンの手』が登場
バナナを奪うと尋常じゃなく暴れて騒ぐサルのおもちゃ『ペコペコモンキー』
【東京おもちゃショー2010】『ルービックキューブ』と同じ30周年! 町田市立山崎小のモザイクアートが『ギネス世界記録』認定
【東京おもちゃショー2010】あの『ガリガリ君』がパズルになった! 3種類の難易度で発売へ
【東京おもちゃショー2010】NON STYLEがまたぶちまけた! ナゾの生命体『HEX BUG nano』は関連製品も続々登場

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。