ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブックカフェ6次元が選ぶ一冊:新感覚詩人が綴る言葉のロールプレイングゲーム『死んでしまう系のぼくらに』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


編集部より)東京荻窪にある『ブックカフェ6次元』の店主ナカムラクニオさんに、毎月おすすめの本を紹介してもらいます。

『死んでしまう系のぼくらに』

いまの詩って、こんなかんじ?と誰もが感じる次世代型詩人が登場した。詩人の最果タヒさんは、TwitterやTumblrで詩を発表するほか、詩ューティングや、詩ーケンサーといった新しい試みも行っている。詩をつくる経過をgifアニメにして発表したりもする。『グッドモーニング』(思潮社)は、当時女性最年少の21歳で第13回中原中也賞を受賞した。

最果タヒの詩には、なんとも言えない軽さと、他人事とは思えない日常性がある。機関銃のように言葉が、人の心を突き刺す。吟遊詩人のように即興的で、ライブ感がある。最近、発売と同時に増刷される詩集があっただろうか。ネット上に新しく生まれた次世代型の「言葉のテーマパーク」かも知れない。
(ブックカフェ 6次元 店主 ナカムラクニオ)

この本について

書名:『死んでしまう系のぼくらに』
著者:最果タヒ
出版社:リトルモア
定価1200円+税
2014年9月15日

本を選んでくれた『ブックカフェ 6次元』について

店名:ブックカフェ 6次元
店主:ナカムラクニオ
荻窪駅徒歩3分。白山神社前の1と1/2階にある6次元は、カフェとギャラリーと古本を扱っています。人が集まる「つなぎ場」のつくり方~ 都市型茶室「6次元」の発想とは』(阪急コミュニケーションズ)発売中。
所在地: 〒167-0043
東京都杉並区上荻1-10-3 2F
電話: 03-3393-3539
ウェブサイト: http://www.6jigen.com
主なメニュー: 珈琲500円
営業日時: 土日 15:00-22:00(不定休)

『ブックカフェ 6次元』店内の様子と店主のナカムラクニオ氏

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP