体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【前編】オーケンに全部聞いた! 4年ぶりでもブレない筋少ワールド『THE SHOW MUST GO ON』アルバム発売記念インタビュー

大槻ケンヂ

2014年10月8日、『筋肉少女帯』が4年4か月ぶりに、待望のオリジナルアルバムをリリースする。ニューアルバムのタイトルは『THE SHOW MUST GO ON』。

『THE SHOW MUST GO ON』
オーディエンス・イズ・ゴッド
労働讃歌
ゾロ目
霊媒少女キャリー
ムツオさん
みんなの歌
月に一度の天使(前編)
愛の讃歌
月に一度の天使(後編)
恋の蜂蜜飛行
吉原炎上
気もそぞろ
ニルヴァナ
※全13曲収録
※初回限定盤付属のDVDには『ゾロ目』( MUSIC VIDEO)、LIVE映像7曲(全曲初映像化)が収録

今回、ガジェット通信では大槻ケンヂさんにインタビューを行うことが出来た。その様子をお伝えしたい。

IMG_7546s_f

―今回、4年4か月ぶりのアルバム『THE SHOW MUST GO ON』がリリースということでお話を伺わせてください。
創られたものに対して、作品意図を伺うのは野暮なことだと思いつつ、リスナーとして、内容についてお聞かせいただければ嬉しいです。

大槻ケンヂさん:ええ、どうぞどうぞ。

―まずタイトル『THE SHOW MUST GO ON』なんですけれども、これってそもそもは、英語のことわざですよね。“途中でやめちゃいけない”と。

「ショーは続けなければならない」っていうのですね。

―タイトルの訳を聞いたときに、「それでも生きていかざるをえない」(※踊るダメ人間)とか「生き急げ」(※人生は大車輪)という大槻さんのメッセージが思い浮かびまして。
ただ、以前に「生き急げ!」とおっしゃってた頃よりも、ちょっとこう、歩みが落ち着いた印象を受けました。

そうですか!!

ジャケットは「大好きな」江戸川乱歩 少年探偵シリーズから

―その一方で、ジャケットは江戸川乱歩さんの『蜘蛛男』の表紙イラストを使用されてます。アルバムタイトルに対して、『蜘蛛男』がなぜ?っていう驚きがあったんですが。

えっとあのー、まあ、いろいろジャケット案があったんですけど、ポプラ社の少年探偵シリーズの絵が世代でね、僕はとっても好きだったんで、「あの絵って使えないのかなあー」って話を言ったところ、意外に「どうぞどうぞ」って言ってくださって。で、「どれを使っても確認しますよ」って話になったんです。

「昔の、今出してない本でもいいんですか?」って言ったら「それも確認しますよ」って言う話になって。

で、バーッと見て、一番タイトルに合うなあって思ったのを絵柄で選んだんですね。そしたらたまたまそれが、『蜘蛛男』だったんです。だから話の内容とかは関係ないですね。

―むしろインスピレーションとか絵柄のイメージ、好みのところで。

そうそう。本当は僕、『魔術師』ってのもいいなあと思ってたんです。ピエロがバーン!と出てて。「『魔術師』がイイと思うんだ」って人に言ったら、その人が表紙のピエロを見て「それ、ニューロティカのアルバムだと思われるよ」って言ったんですね。(一同笑)
「あー、あっちゃん(※ニューロティカのイノウエアツシ氏)だなぁ」って思って。それで『魔術師』やめたんだなあ。うん。

―割とストレートな理由だったんですね。

ライブは好きだけど撮影が苦手。「よし! とにかく俺はヌンチャクを振ろう!」

―PV拝見させていただいた『ゾロ目』なんですけれども、ヌンチャクが素晴らしかったです。

あのー……ぶっちゃけ、僕は今回アルバムに『THE SHOW MUST GO ON』ってタイトルを付けて、ライブの事について歌ってる歌詞が多いでしょ? それ「ライブこそ自分の人生だ!」と思ってるところがあってね。ま、それ以上に、リア充する場所が生活においてライブ以外に無いからだと思うんですけれどもね。うん。……あれ、なんでしたっけ?

1 2 3 4次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。