ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【後編】オーケンに全部聞いた! 4年ぶりでもブレない筋少ワールド『THE SHOW MUST GO ON』アルバム発売記念インタビュー

大槻ケンヂ

2014年10月8日、『筋肉少女帯』が4年4か月ぶりに、待望のオリジナルアルバム『THE SHOW MUST GO ON』をリリース。
ニューアルバムの事をはじめ、様々な質問を大槻ケンヂさんにぶつけてみた。今回インタビューの後編として、その様子をお伝えしたい。

※インタビュー前編はこちら
【前編】オーケンに全部聞いた! 4年ぶりでもブレない筋少ワールド『THE SHOW MUST GO ON』アルバム発売記念インタビュー
https://getnews.jp/archives/678689

深夜にやっているよくわからない映画のような説明不能さ

―アルバム構成に関していうと、(エンドタイトル風の)『気もそぞろ』がトリではなく、(ちょっとカオスな)『ニルヴァナ』が最後です。

そうなんですね。『気もそぞろ』で終わるとまぁコンセプチュアルにはなるんですけれども、うーん……なんだろうな。僕の聞いてきた70年代とかの洋楽って、アルバム最後の1曲って、まあ、なんだろうな、シングルにするでもないし、ライブでド定番になるでもない感じの曲であっさり終わるって言うのが僕の中で多かったような気がして、そういうところを意図的にねらったところはあるかもしれないですね。

―それが今回は、『ニルヴァナ』だったんですか。

うん。

―あっさりというよりは、結構、“持たせ”てシメる感じで。

『ニルヴァナ』とね、『恋の蜜蜂飛行』は、演奏は別として歌詞的に言うと、うん、作詞者……僕ですけれども、作詞者自体もその、実は全容を把握していないんですよ。うん。まあ言うたらこの2曲、何を言ってるのかわからないでしょ?よくわからない詞だ。いかようにも解釈できるというか。

―『蜜蜂飛行』は特に。連れてかれちゃった、消えちゃった。

うん……。それはね、僕の中で今回面白いなって。まあ、まとまらなかった歌詞がね、と言えばそれまでの事なんだけれども、その整合性の取れてなさがむしろ、……深夜にとか、昼間にたまたま観た、よくわからないシュールな映画みたいな、奇妙さ、を出していて、もしかしたらそういうテイストが好きな人には好きかもしれないな、とは思いたいな、って感じですかね。はい。

―『気もそぞろ』がトリじゃない、「だから筋少なんだろうな」、ってのは勝手に思ってました。

キレイにまとめることもできるけど、ここであえて、連綿と続いている……ああ、また、不条理になって終わる、ってやつですよね。

―はい。

うんうん。それはあると思います。

―4年4か月ぶりでもやっぱり安心っていう。……変な言い方ですいません。

うん。なるほど。だから多分、『恋の蜜蜂飛行』は、恋愛における相手とあれだけ愛し合った中なのに、一瞬にして恋愛が終わって、相手が消しゴムで消したように消えていく。その様子は恋愛というのは、突然来て突然去っていく蜜蜂、蜂の軍団のようだ、そんなような、ちょっと文芸映画的な不条理感なんだと思うんですよね。フランスとかイタリアの、単館上映系の変な映画、変な恋愛映画なんだと思う。

―心に残るけど、説明の出来ない。

出来ない!やつですね。で、さらにテレ東で放送される時に尺を合わせるために40分くらいカットされて!なおさら全然わかんない、っていう!(笑)

―ありますねえ(笑)。

そういう詞なんだと思う。
『ニルヴァナ』の方も、これも元バンギャの奥さんが居て、旦那は……パパは本当は科学者になりたかったんだけれども、致し方なく、親の寺を継いで坊主になっていくうちに、ちょっとマッドサイエンティスト化したんでしょうね。ヴァン・デ・グラフ・ジェネレーターっていうあの、静電気を発生する装置なんですけれども、ジョン・ハチソンって人がそういうのを使って空中浮遊が出来るとか、重力を変えられるとか、まあ、疑似科学に入ってったことがあるんですよね。
この詞の坊さんも、そっちの方に傾いて行って、さらにまあ、“アトムの風”だもの、原発とかも彼の中では結構、キちゃってるわけなんですよね。

―これも妄想かもしれない。

そうなんですね。
そしてよくわからないまま、最終的に涅槃(ねはん)で待ってろ、という不穏なムードになるっていうことは、ま、これもまた不条理系サイコホラーみたいなやつですね。

……あの、あれ!あの人!ハチ公物語(HACHI 約束の犬)とか!プリティウーマンの人!役者の

―ええと……

リチャード・ギア!リチャード・ギアが何をトチ狂ったか、ものすごい妄想、妄想系の映画『プロフェシー』(2002年)って映画に出たことがあるんですよ。
なんだかわからない、モスマンの……モスマンっていうね、それが出てきたときに「よからぬことが起こる」と言われているUMA(※未確認動物)が居るんですよ。それについて、ジョン・A・キールって作家が小説を書きまして、それが映画化されて、なぜかリチャード・ギアが主演なんですよ。本当に変な映画で、……なんか奥さんがこう死んじゃうわけですよ。そこからリチャード・ギアがおかしくなってって、変な蛾人間みたいなのが、何かそれが「予知をさせる」みたいなことを言って、最後、橋が落ちて、「なかった」って終わるみたいな……なんだかわからない映画があるんですね。

―スゴいっすね……(絶句)

だから、多分、ああいうようなものを(『ニルヴァナ』の作詞者は)やりたかったんじゃないのかな。作詞者が書いた後で「やりたかったんじゃないかな」ってのはイイですね。この感じ(笑)

最初に設計図を書いてないっていう。

―「出て」きちゃった。

出てきたんですかねえー。わかんない。もしかしたら作詞の新境地なのか、ただ、整合性がとれてないだけなのか、そこら辺がわからないところがまた、面白いと思いますね。

IMG_7549s_f

筋肉少女帯は、日本のロック史の“ズレ”

楽曲、サウンド的には筋肉少女帯は、まあ言うたらバカテクの人たちの集まりなので、どんどんどんどんそのテクニックとアンサンブルの向上という一つの目標があって、どんどんどんどん構築していってると思うんですよね。それがこの『THE SHOW MUST GO ON』においては、すごい高みに上がってると思うんです。それが、その中で、作詞者が、なんかまだ、自分の行く方向が迷ってる感じが、面白いんじゃないですかねえ。それは重要なことだと思います。

1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy