体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【俺得レビュー】 太陽精機『Tシャツくん』でオリジナルTシャツを作成

NYK2nd-1_R

さして誰も求めていないマニアックなアイテム、むしろ書いた所で俺しか読まないだろくらいの勢いで綴る「俺得レビュー」の記念すべき第1弾

『Tシャツくん』

を紹介してみましょう。そのネーミングのままで「オリジナルTシャツを自分で作りたい!」と言う人の為のニッチな商品ですが、逆に

「Tシャツくんが無いと困る人が確実にいるはず!その声に応えたい!」

みたいなメーカーのヤル気が伝わる熱いアイテムなのです。はっきり言って値段は微妙な気がしないでもないのですが、どう考えてもバンバン売れる商品ではないので、生産ロット数を考えると破格の安さかと思われます。

ちなみに、そんなマニアックな商品である『Tシャツくん』ですが、何気に弟分の『Tシャツくんジュニア』とか『Tシャツくんワイド』などのラインナップがあり、メーカーの本気加減がひしひしと伝わります。

その中で筆者が選んだのは『Tシャツくん』です。『Tシャツくんジュニア』だとプリント出来る大きさが小さ過ぎて何も出来ないし、逆に『Tシャツくんワイド』だと金額的に微妙なので、入門用としてはベターと思われる『Tシャツくん』をチョイスしました。

大きさ的には「21cm×21cm」の大きさのイラスト等をTシャツにプリント出来るらしいです。この大きさは「A4用紙」の横幅くらいで、一般的なサイズのプリンターを持っている人には丁度良いでしょう。

『Tシャツくん』は「シルクスクリーン印刷」と呼ばれる方式でプリントします。これはショップで売られているデザインTシャツと同じ製法、つまり「プロと同じ方式」なので高品質なオリジナルTシャツを作る事が可能です。

具体的には「オリジナルTシャツの作り方」みたいな流れの中で説明するので割愛しますが、簡単に言うと

「シルクスクリーンと呼ばれるメッシュ(網)に露光液を塗り、デザインをプリントアウトして乗せて、露光して感光させ、デザインした部分を水とブラシで洗い落としてマスクを作り、Tシャツに被せてインク乗せてガー」

こんな感じです。恐らくTシャツ作りに興味の無い普通の人には1㎜も伝わってないと思うので、とりあえず少しづつ説明して行く事にしましょう。

t-1_R

【 Tシャツくん セット内容 】

本体 1台            ミドルフレーム 1個
ミドルスクリーン(120M) 5枚   お試しスクリーン(120M) 2枚
ピンホール修正液 1個      スプレーのり 1本
マスキングテープ 1個      ヘラ(大) 1個
ハケ(グレー) 1個        スキージ(23cm) 1個
インク(水性一般インク50g・白赤青黒黄緑) 各1個
プリントパネル 1枚       クランプ 1個
原稿用紙(2種) 一式       取扱説明書 1冊  保証書 1通

本当にオリジナルTシャツ作りに必要な物が全て揃っているので、あとは無地のTシャツさえあればスタート出来ます。インクを定着させたり乾燥させる為に「アイロン」や「ドライヤー」もあると便利です。

【 Tシャツのデザインを考える 】

筆者の場合は、すでに欲しいTシャツのデザインは決まっていたので特に悩む事はありませんでした。「どんなデザインにするか?」が肝かと思いますが、最初は簡単なデザインから練習する方が失敗しないで済むと思います。

デザインを考えたらパソコンでサクサクと作ります。『フォトショップ』やら『イラストレーター』などが定番ですが、今は『GIMP』などのフリーソフト(無料)でも良いモノがあるので、持っていない人はネットで探してみましょう。

t-7_R

【 デザインをプリントする 】

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会