ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

帝王切開の次の妊娠では死産の危険が14%高くなる 本来必要ではない帝王切開は慎重に(Medエッジ)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回は『Medエッジ』からご寄稿いただきました。

帝王切開の次の妊娠では死産の危険が14%高くなる 本来必要ではない帝王切開は慎重に(Medエッジ)

※写真はイメージで、記事と直接の関係はありません。

医療と健康の情報サイト「Medエッジ(メドエッジ)」では、最新の研究報告に基づく最新情報を連日お届けしています。ここではその一部をご紹介します。

『Medエッジ(メドエッジ)』
http://j.mp/1lqXsZS

帝王切開の次の妊娠では、死産の危険が14%高くなると分かった。子宮の外で妊娠してしまう子宮外妊娠も起こり易くなると分かり、出産の方法を選ぶ上では知っておきたい。

デンマークとアイルランドの研究グループが2014年7月、オンラインの国際的な医学誌であるプロスメディシン誌に発表した。

子宮外妊娠も9%増える

出産に際し、帝王切開を行う割合が世界的に増えている。帝王切開は出産のためにかかる時間を短縮できて、妊娠に伴う苦痛が軽減できると見られている。一方で、出血の危険があるほか、必ずしも安全とは言い切れないとも分かっている。

今回、研究グループは、帝王切開後の次の妊娠に伴うリスクをデンマークの女性を対象に調べた。その結果、帝王切開後の次の妊娠では、死産の危険が14%高くなる傾向があった。妊娠初期に合併症が起こったりして、帝王切開が必要になる要因があってリスクが高まると考えられる。さらに、子宮外妊娠の危険も9%高くなる傾向にあった。妊婦のBMIが高かったり、喫煙や排卵誘発をしていたりすると高くなった。

一方、流産の割合が高くなることはなかった。

医学的には必要がないにもかかわらず帝王切開を望む妊婦は珍しくないとされるが、帝王切開に伴う危険を知っておくのは重要だろう。妊婦や夫、担当の医師は、自然分娩と帝王切開のどちらかを選ぶ上では参考としたいデータといえるだろう。

文献情報

O’Neill et al. Cesarean section and rate of subsequent stillbirth, miscarriage, and ectopic pregnancy: a danish register-based cohort study. PLoS Med. 2014;11:e1001670.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24983970

(この記事・情報は、Medエッジ(メドエッジ)から提供されています。元の記事はこちら

『Medエッジ(メドエッジ)』
http://j.mp/1lqXsZS
※元記事URL:http://www.mededge.jp/a/gyob/1427

■ 記事提供元
Medエッジ(メドエッジ)
「最先端を親切に」、医療と健康の情報サイト。Medエッジは、DeNA ライフサイエンスが運営する医療と健康に関連した情報を提供するウェブサイトです。

ウェブサイト
http://www.mededge.jp/

facebookID: mededgejp
https://www.facebook.com/mededgejp

■ Medエッジ(メドエッジ)の記事より

「陸上を歩く魚」の誕生 環境で変化する生き物の不思議 西川伸一 THE CLUB
http://www.mededge.jp/spcl/2426

デング熱ならぬ米国でも「謎のウイルス」勃発、感染拡大が生後6カ月から 米国疾病対策センターが警戒「まれなウイルスなのになぜ」
http://www.mededge.jp/spcl/2363

身近になるか、「節足動物媒介感染症」 Medエッジ編集長、星良孝より
http://www.mededge.jp/spcl/2094

始まりはエボラ患者と祈祷師 壮絶なエボラ論文 西川伸一 THE CLUB
http://www.mededge.jp/spcl/1996

ブラジャーと乳がんは無関係と判明 どんな形でもどれほど長い間でも、原因にはならない
http://www.mededge.jp/a/canc/2595

中学生でも「セクスティング」2割、米国で 無防備なセックスと関連、小児科の医学誌で調査結果
http://www.mededge.jp/a/pedi/1618

女性器の「再生医療」に成功 自らの細胞で膣を人工的に作り、8年間、異常なし
http://www.mededge.jp/a/gyob/2031

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP