体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

屋上菜園つきの賃貸マンションで、ボサノヴァライブを聴いてきた

屋上菜園つきの賃貸マンションで、ボサノヴァライブを聴いてきた

横浜駅から徒歩7分の「ブローテ横浜高島台」は、賃貸物件でありながら共用施設も充実、さらにコミュニティ形成にも力をいれているマンションです。
この日は「屋上菜園でとれたハーブを使ったハーブティーを飲みながらボサノヴァを聴こう」という無料イベントが行われたので行ってきました。入居者の憩いの場にもなっている屋上菜園

横浜駅そばの高台にそびえたつブローテ高島台は、バルコニーの青いガラスが目を引く大型賃貸マンション。
物件自体も緑に囲まれていますが、共用テラスにも緑があふれていて、居心地のよさは遠くからでも分かるほど。

屋上菜園つきの賃貸マンションで、ボサノヴァライブを聴いてきた

【画像1】ターミナル駅の近くとは思えない静かな環境です(写真撮影:ほそいあや)

屋上菜園つきの賃貸マンションで、ボサノヴァライブを聴いてきた

【画像2】トマトからさつまいも、じゃがいも、オリーブなどなど。都会であることを忘れそう(写真撮影:ほそいあや)

屋上菜園つきの賃貸マンションで、ボサノヴァライブを聴いてきた

【画像3】お茶の木まで植わっていました。お茶が植わっているマンションってなかなかないです(写真撮影:ほそいあや)

屋上菜園は、入居者はいつでも庭のように入ることができ、学校帰りの小学生もよく遊びに来るようです。1区画月3000円(1年契約3万6000円)で貸し出しをしており、野菜などを本格的に育てることが可能。

ハーブは沢山の種類があり、管理員さんがとても詳しく説明をしてくださいました。週に2日は管理員さんがいるので、菜園を利用していて分からないことがあったときにも気軽に質問することができますね。

屋上菜園つきの賃貸マンションで、ボサノヴァライブを聴いてきた

【画像4】このハーブを使ったドリンクがふるまわれます。このマンションに住んでいたら、ハーブの香りに誘われて毎日屋上に足を運んでしまいそう(写真撮影:ほそいあや)ボサノヴァの演奏とハーブティーで優雅なひととき

演奏を聴きにきた皆さんがハーブティーを手に着席し、いよいよボサノヴァライブの始まりです。やわらかいギターの調べにのせて、ボサノヴァ特有のウィスパーボイスが響きます。

Karenさんと露木達也さんはお二人ともボサノヴァを弾き語りするアーティストなので、ダブルヴォーカル・ダブルギターという構成のライブです。男声と女声の織りなすハーモニーが印象に残りました。

お二人のトークも楽しく、会場に一体感がありました。「ボサノヴァは眠くなる音楽なので、眠かったら寝ちゃってくださいね」と話していましたが、確かにそれほどに心地よく、ボサノヴァは力を抜いて聴ける音楽だな…と感じました。

屋上菜園つきの賃貸マンションで、ボサノヴァライブを聴いてきた

【画像5】ボサノヴァ奏者のKarenさんと露木達也さん(写真撮影:ほそいあや)

屋上菜園つきの賃貸マンションで、ボサノヴァライブを聴いてきた
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。