体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本のトイレは世界一?ニューヨークのトイレ事情

ガジェ通
The Wisdom of Crowds - JP

今回はHAL様のブログ『The Wisdom of Crowds – JP』からご寄稿いただきました。

日本のトイレは世界一?ニューヨークのトイレ事情
一度海外旅行をした人なら分かると思いますが、日本のトイレ事情は最高です。本当に心の底からそう思います。

『地球の歩き方』に「緊急避難トイレマップ」の記事が掲載されている意味を一度ちゃんと考えてみてください。なぜわざわざ利用できるトイレの場所を紹介しているかというと、日本以外の国々ではそれだけトイレが利用しにくい環境だということです。海外に行くと日本で当たり前だと思っていたことが、全く当たり前ではないことに気づけます。留学中、私は特にニューヨークの劣悪なトイレ事情が悩みの種でした。

私は留学前にパナソニックの最先端トイレを体験していました。『ウォッシュレット(英語ではbidet)』は当たり前、入室すると自動的に電灯がついて、そして便座のふたがウイーンと持ち上がるものです。これをニューヨークの住人に見せたら絶対驚愕するし、かの地に持ち込めば観光名所の一つになると思います。一方、ニューヨークのトイレはといえば、私は結局一度も『ウォシュレット』を見かけませんでした。あと個室のカギが壊れている、水がちゃんと流れない。紙が備え付けられていない。これらはもうありふれ過ぎていたので慣れました。おまけに日本では当たり前だけど、ニューヨークではほとんどの駅にトイレはありません。なんでも、犯罪の温床(薬物・強盗・強かんなどなど)だからカギをかけて使えなくしているそうです。私はハロウィンの際の仮設トイレと某地下鉄のトイレの……な状況がトラウマになっています。日本で見たことのない水準のトイレでしたとだけ言っておきます。

そしてニューヨーカーや観光客が最も利用するのはスターバックス(以後、一部スタバと略)のトイレ。みな公衆トイレがないから、代わりにスタバのトイレを使うのです。私もホストファミリーから最初に「もしトイレで困ったらスターバックスのトイレに行くように」と教わりました。でもそんなスタバですから、トイレの前にいつも長蛇の列が出来ています。たいてい10~20分を待つ事になります。私は日本のスタバではよく読書をしたり、勉強したりしていました。でも、ニューヨークのスタバではトイレの利用が著しく困難で、あとトイレが汚いので、コーヒーをゆっくりと楽しんだことは数えるほどしかありませんでした。

マンハッタンに出かける計画を練る際にも、最初にまず「どこのトイレを利用しようか」と考えます。トイレの場所・利用時間を基点に行動計画を練るなんて、日本では一度もやったことがなかったです。日本しか知らない人には信じられないかもしれませんが、これがニューヨークの現実です。今でもマンハッタンのトイレ地図を覚えています。マンハッタンの駅だと『32nd, Grand Central Terminal』が利用しやすいです。ユニオン・スクエアのある14stの場合は『whole foods market』の2階に男女別でトイレがあるので便利です。また本屋にトイレがある事が多いので、私は本屋(Boarders、紀伊国屋)をよく利用していました。本屋の場合だと客層がマクドナルドなどのファーストフード店よりも教養ある人の割合が多いので、トイレも割合きれいです。

1 2 3 4 5次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会