体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

わが家にも設置可能? 室内用ハンモックのある生活

わが家にも設置可能?室内用ハンモックのある生活

ハンモックといえば、キャンプ場などで使う太いロープを編んだネットのようなものばかりと思っていたのだが、細い綿糸で編まれた目の細かいものもあるらしい。そんなハンモックにはなじみの薄い筆者が、ハンモックを使っているお宅にお邪魔して、その設置方法や寝心地などを確かめてきた。まずは屋外用のハンモックがお出迎え

室内用ハンモックの存在を確かめにやってきたのは、神奈川県平塚市の荒川さん宅。その庭先には、さっそくハンモックが吊るされていた。ハンモックというよりは、魚を獲るための網のようだ。

筆者のイメージするハンモックよりも目が細かいこのタイプは、メキシカンハンモックと呼ばれるもので、マヤ文明から受け継がれてきた伝統工芸品であり、メキシコの一部地域では今でもベッドよりも使われている実用品なのだとか。

我が家にも設置可能?室内用ハンモックのある生活

【画像1】ブランとぶら下がったハンモック(写真撮影:玉置豊)

早速寝転がってみると、これが想像以上にしっくりとくるのに驚いた。網目がとても細かいので、体に食い込んでくるという感じは一切なく、全身が優しく包みこまれるような安心感がある。

荒川さんの話では、これはあくまで屋外用のものなので、ナイロンで編まれているのだが、部屋の中にあるハンモックは綿の糸で編まれているため、寝心地がこれよりも格段に良いらしい。それにしても、屋内にハンモックを設置するというのは、一体どういうことなのだろう。ハンモックの設置方法

外にあるハンモックの存在ですでに大興奮してしまったのだが、今回の本命は屋内にあるハンモックである。家の中にお邪魔すると、本当に部屋の中にハンモックが張られていた!しかも2つ!

我が家にも設置可能?室内用ハンモックのある生活

【画像2】まさかのダブルハンモック!(写真撮影:玉置豊)

このハンモックがどのように設置されているのかを確認してみると、壁の柱に固定された金具に、エクステンションと呼ばれるカラフルな紐がつなげられており、そこにハンモックが結ばれていた。

ハンモックをぶら下げるためには、むき出しになっている柱や梁でもなければ無理だと思っていたのだが、どうやら壁にある普通の柱でも大丈夫のようだ。

築50年くらいは経っているという和風の家に、派手なカラーのメキシコ製ハンモックがしっかりマッチしているのがおもしろい。

我が家にも設置可能?室内用ハンモックのある生活

【画像3】壁の中に柱がある場所であればハンモック専用の金具で設置可能(写真撮影:玉置豊)

ハンモックをぶら下げるための金具を取り付ける場所は、建物の構造を支えている強度のある柱であれば、見えている柱だけでなく壁の中に隠れているものでもよく、その様子は壁に直接ハンモックがぶら下がっているようで、なんとも不思議な感じがする。屋内用ハンモックの寝心地は最高だった!

荒川さんが愛してやまない、綿でできたメキシカンハンモックの寝心地を確かめてみるべく、ごろりと横にならせていただこう。足から乗ると危ないので、まずお尻を乗せるのがコツとのこと。

このハンモックはメキシカンハンモックの中でも大きめだそうで、想像以上に幅が広く、脚や手でネットを広げて、自分好みの寝床をつくるのが何とも楽しい。適度な張りがあるため、腰が沈みすぎることもなく、まるで海にでも浮いているような独特の浮遊感を味わうことができる。これは素晴らしい!

ちょっと寝心地を確かめるだけのはずだったのだが、思わず本当に寝てしまった自分に驚いた。ハンモックは普通の布団やベッドよりも、早く眠りに付ける寝具なのかもしれない。ちょっとした昼寝をするには最高のツールだろう。荒川さんは仕事が終わって疲れて家に帰ると、とりあえずハンモックへと直行するそうだ。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy