ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ケータイのように通じ合えるトランシーバ『DJ-R100D』でタダ通話!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

トランシーバといえば、ボタンを押して、「あーあー、こちら晴天なり。どうぞー」といった後に、相手方がボタンを押して、「聞こえております。どうぞー」みたいなやりとりをして、交互に会話をするわけですが、携帯電話に慣れた身としては、まどろっこしいんですよね。

実は、トランシーバも最近は進化していて、携帯電話のように同時に話せるようになっていたりするんです。そんなわけで、最新のトランシーバを試してみたりするガジェット通信編集部ですが、今回の機材は、アルインコ株式会社さんのトランシーバ『DJ-R100D』です。

ガジェットは見た目も大事なのですが、外見はこんな感じでわりと小さく、重さは124グラム。通話可能な距離は、郊外やスキー場だと、2kmぐらいいけるそうです。市街地だと、混信したりノイズが多かったりで、マニュアルには100メートルから200メートルと書いてあります。では、実際にどんなもんなのか、新宿の雑踏の中でテストをしてみました。

こちらの検証ですが、写真にて解説していきますので、もし画像が記事に表示されていない方はこちらからご覧ください。

さぁ、ガジェット通信編集部が誇る人気ブラザーズ、イケメン社長(左)と周二郎(右)兄弟の登場です。特に面白いこともないのに笑ってますね。いえいえ、仕事となれば笑顔も見せる。そんなできる男達です。

とりあえずそれぞれにカメラマンを付け、距離をとりながら会話を続けることに。ちなみに中央にポツンと写っているのがイケメン社長(兄)です。

「あれ!? お兄ちゃんがいないよ!!」周二郎はお兄ちゃんが居ないとトイレにも行けません。かなり離れてしまったので、トランシーバで位置を確認し合いながら探します。

その時、少しばかり遠くの歩道橋の上にイケメンの姿を発見しました。「お兄ちゃんだ!!」周二郎は一安心。というわけで見通しの良い直線だったためか、ざっと計算すると300メートル程の距離であれば会話が可能でした。そのラインを過ぎるとノイズがまじるようになり、聞き取ることが難しくなります。遮蔽物があるとこの限りではないので、お試しの際はお気をつけ下さい。というわけで、トランシーバ『DJ-R100D』でしたー。

■ちゃんとガジェットの記事もあります。『ガジェット通信』ですから!
ブームになりつつある『Uコン』って何?
ブレないカメラ! ステディカムを1,000円で作れるのか!?
Nikon D90をいじってみた
ミニブーム到来!Optoma pocket projector PK101レビュー
ニコン メディア ポート 「UP300」 動画レビュー

T Tojoの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。