体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「自撮王への道」・・・・自分撮りには必須の ローアングルで自由に方向転換して撮影出来る 『ドリー』 が欲しいっ!(11)

10096-0

・・・自分撮りのシステムの構築が着々と進んできましたね。よしよし。

・・・さて、自分撮りをしていると、普段と視点の違う、

たまにはローアングルの移動撮影をしてみたくなりませんか?

移動撮影専用機材『ドリー』とは

移動撮影を行う場合、それを行う為の専用の撮影器具、「ドリー」と呼ばれる商品がよく知られています。

例えば、この、面白ガジェット販売御三家の「上海問屋が販売している、この商品です。

「カメラ用台車 ムービング カメラドリー」

http://item.rakuten.co.jp/donya/10096/

10096-0 dorryャ

「ドリー」本体にカメラを設置して、ドリーごと移動させる事により、パン・ズーム等の撮影を行います。

「この商品をそのまま買えば済む話じゃん」・・・と思われるかもしれません。

実は既に買って愛用しています。

その結果、ある事が分かりました。

「このタイプのドリーは、被写体に対して平行もしくは直進の撮影、もしくは決められた角度で車軸が回転する事により、被写体を回り込んで撮影する事が出来るタイプ」なのです。

勿論、そういった目的で撮影するには、とても適したドリーなのですが、

私が今回、行いたいのは、犬の散歩の様に、一脚でカメラを動かしたい方向に押し掛けをすれば、前後左右、S字走行等、自由にカメラを移動させ、任意の方向に動いて撮影が出来るそんな事が出来るドリーが欲しいのです。

実は、既に三脚用には、そういった商品があります。

面白ガジェット販売御三家の「サンコーレアモノショップ」が販売している、この商品です。

「折り畳み式キャスター付き三脚台」

 http://www.thanko.jp/product/4843.html

sチャ

…実は、この商品も既に購入して愛用しており、子供の運動会の時に大活躍しました。

「これが有れば充分じゃん」、と仰る方もおられるかと思います。

この商品は、三脚の足を伸ばした状態で三脚台に取り付けるタイプの商品の為、今回の私の目的であるローアングル撮影が出来ません。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。