ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

真夏の夜は星空を見上げよう。宇宙を身近に感じるアイテム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

真夏のうだるような暑さも、日が暮れて星が輝きだすころには少し和らぐ。夏の星座の代表格には、はくちょう座、こと座などがあり、空気が澄んでいれば天の川を見ることもできる。自宅のベランダや庭からも天体観測ができれば夏の星空をより楽しめそう……。そんな夏の楽しみを実現させるために、望遠鏡や双眼鏡の開発を手掛ける、株式会社ビクセンの都築さんにおすすめをご紹介いただいた。

■操作性抜群の入門天体望遠鏡 『ポルタIIA80Mf』
入門天体望遠鏡に必要なすべてを備えたベストセラー機。自宅のベランダや庭から、月面クレーター、土星の環、木星の衛星や模様など、宇宙の姿を体験できる。剛性が高く操作性に優れるため、ハイアマチュアのセカンド機としても人気が高い。

■スマートフォンで月面撮影もOK! 『コールマンNS25×52キット』
“キャンプ場などで、気軽に野鳥や月面などの観察&撮影を楽しむ”をコンセプトに開発された新型望遠鏡。付属のiPhone5・iPhone5S用アダプターを使えば、超望遠で月面クレーターを撮影することも簡単。

■気軽な星空散歩のためのベストセレクト 『アトレックライトBR6×30WP』
星空を楽しむアイテムとして双眼鏡にも注目したい。淡い星の光を楽しむポイントは、レンズ口径と倍率。口径30mm、倍率6倍は気軽なスターウォッチングに最適なスペック。散歩がてらに天の川や星雲星団の姿が楽しめる。

最後に、本格的に天体観測を楽しめるアイテムを紹介いただいた。

■天体ナビゲーションシステム搭載 『SXP-R200SS-S』
付属コントローラーから指示することで、天体望遠鏡が自動的に星を探して追いかける天体自動導入&追尾が可能に。さらに、惑星や星雲星団の天体情報を画面上に表示するなど、天体ナビ機能を搭載したハイエンドモデル。

天体の追尾が行えるプロ仕様のものから、気軽に散歩しながら扱える双眼鏡まで、楽しみ方は多種多様。虫刺されに注意して、星空をゆったりと楽しむ夏を過ごしてみてはいかがだろうか。

ポルタIIA80Mf
http://www.vixen.co.jp/product/at/porta2/399529.htm
コールマンNS25×52キット
http://www.vixen.co.jp/corporate/newproduct/2014/111015.htm
アトレックライトBR6×30WP
http://www.vixen.co.jp/product/bino/atrek/147014.htm
SXP-R200SS-S
http://www.vixen.co.jp/product/at/sxp/250943.htm

●取材協力
株式会社ビクセン
http://www.vixen.co.jp/index.html
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/07/29/66555/

【住まいに関する関連記事】

七夕の夜にロマンチックな気分に浸れる天体望遠鏡をピックアップ
何かと注目が集まる“宇宙”を感じられるインテリアグッズをご紹介
金環日食をもっと楽しめる、日食グラスの手づくりイベントが開催中
天文ファンにはよだれもの! 自宅に天体観測ドームを作るといくら?
見逃したら東京ではあと300年は見られない!金環日食が見られる家の条件とは

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP