ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気の自動翻訳アプリ「iTranslate」がMacでも使えるように!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

すでに愛用している読者もいるかと思うが、iOS、Android、Windowsで利用可能な自動翻訳「iTranslate」から、Mac版がリリースされた。

ダウンロードするとショートカットアイコンがメニューバーに表示されるので、Macで英語などを使って文書を作成したり、海外のサイトを閲覧したりすることが多い人にとって、さくっとアクセスして単語の意味などを調べられる使い勝手のいい翻訳ツールとなっている。

iTranslateは80言語以上に対応し、翻訳したい言語を2つ選ぶと、例えば日本語から英語、英語から日本語へというように双方向に翻訳する。単語の意味や同義語、活用例を調べるだけでなく、フレーズや文章の翻訳もできる。

なので、海外のニュースサイトやブログなどをよく閲覧する人は、意味が分からない部分を“コピペ”すれば、あっという間に翻訳文を入手できるというわけだ。

そして、iTranslateの最大の特徴は音声認識技術を備えていること。意味を調べたい単語やフレーズを音声で入力し、翻訳されたものも音声で出力することができる。出力音声は、男性・女性の声を選ぶことができ、スピードの調整も可能となっている。

翻訳サービスはGoogle翻訳などいくつかあるが、そうしたサイトをいちいち立ち上げる手間を省きたい、音声入力・出力を使いたいというMacユーザーにはiTranslateがおすすめだ。今ならリリースを記念して半額の500円で購入できる。

iTranslate

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。