ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『渇き。』のアニメシーンを手掛けた大平晋也(『ピンポン THE ANIMATION』)&STUDIO4℃ 起用のきっかけは逆オファー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


第3回宝島社『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した深町秋生さんの「果てしなき渇き」(宝島社刊)を、『告白』の中島哲也監督が映画化。元刑事のロクデナシ親父・藤島が、成績優秀、容姿端麗、学園のカリスマでもある失踪した女子高生の娘・加奈子を探すうちに、娘の本当の姿が明らかになるという衝撃の物語が現在公開中。賛否両論の大ヒットとなっています。

本作では、原作ではヒップホップが流れていたクラブのシーンに、でんぱ組inc.のアイドルソングが使われていたり、本編全体を通じて大胆な画面の切り替わりが使われていたりと、中島監督らしい演出が魅力の一つ。そして、何といっても物語の重要なシーンにアニメーションが使用されている所が、筆者個人的にはとても刺激的でした。アニメシーンが印象に残っている方も多いのではないでしょうか?

このアニメーションシーンを担当したのがアニメーター、アニメーション監督の大平晋也さん。STUDIO4℃、Production I.G、スタジオジブリ等の劇場作品に参加。最近では『ピンポン THE ANIMATION』のオープニングアニメーション絵コンテ・演出・作画監督・原画を務め、普段連続アニメを観ない層からもアツい支持を受けていました。

『渇き。』への大平さんやSTUDIO4℃の参加について、どの様なきっかけや監督からのオーダーがあったのか興味津々だった筆者。早速、配給会社であるギャガさんに問い合わせをし、STUDIO4℃のアニメーションプロデューサーである田中栄子さんに回答をもらう事が出来たのでご紹介します!

※すべての画像を見たい方は(http://getnews.jp/archives/624383)をご覧ください。


Q:『渇き。』のアニメーション部分を担当する事になったきっかけ。

STUDIO4℃の作品の監督を依頼したところ、逆にアニメーションをお願いされました!!

Q:中島監督からはどの様なオーダーがありましたか?

「好きに作ってください。」と、口で言いながら、細かいイメージがラフ絵コンテにありました。

Q:原作(または脚本)を読んで感じた事、「この部分をアニメにするのか」といった驚きはあったのかどうか。

心象風景として肝になるイメージなので、一体どんなアニメーションを期待されているのか!!とビビりました。


Q:アニメーションで描く人物には、ボク役の清水尋也さんという役者さんがいらっしゃいますが、実在の人物をアニメにする難しさといった事はありましたか?

顔もキュートで、裸体も肋骨もとがっていて特徴的でしたが、水中のゆがみがあるので、キャラを似せられたのは大平さんの天才のなせる技です。

Q:映画冒頭部分のアニメーションと、後半のアニメーション、全く異なる表情をしていますが、意識した部分を教えてください。

天国と地獄、羊水の中(至福)と奈落。深く深く落ちてゆく中で、恍惚な微笑が上手く出せたと思います。

Q:完成した映画を観た率直な感想を教えてください。

恐ろしい。中島監督はなんて残酷なんだ。ここまで人物を掘り下げて描ききるなんて!

STUDIO4℃の作品の監督を依頼したら逆に映画のアニメーション部分を依頼され、自由にしていいと言いながら口を出してきたなんて、なんとも中島監督らしいフリーダムなエピソード。水中のゆがみがある中、実在の俳優さんに似せるという「天才のなせる技」には激しく納得です。

もう映画をご覧になった方は思い出しつつ、これからご覧になる方は、ぜひ大平晋也さんとSTUDIO4℃の技術で実現したアニメーションシーンに注目してみてくださいね。

【関連記事】小説家・深町秋生×映画ブログ「破壊屋」が映画『渇き。』の魅力を語る! 「ヒロインは薬のメタファー」
http://getnews.jp/archives/609051 [リンク]

『渇き。』ストーリー

元刑事のロクデナシ親父・藤島(役所広司)に離婚した元妻から連絡が入った。成績優秀なうえ、容姿端麗、学園のカリスマでもある女子高生の娘・加奈子(小松菜奈)が失踪したという。自分のせいで全てを失った男が、再び“家族”を取り戻すべく、姿を消した娘の行方を追うことに。娘の交友関係をたどって行く先々で、語られる「知らない加奈子像」に戸惑う藤島。想像を超えて肥大し、踏み入れるほどに見失う娘の正体。やがて藤島の激情は、果てしない暴走をはじめる。

http://kawaki.gaga.ne.jp

(C)2014「渇き。」製作委員会

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP