体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気ゲームの動画が掲載され大人気! 開発者「複雑な心境」

428

人気ゲーム『428 ~封鎖された渋谷で~』(開発: チュンソフト)の開発者・イシイジロウさんは、センスあふれるゲーム開発者として日本中にファンがいるカリスマ的人物だ。そんなイシイジロウさんが、動画共有サービス『ニコニコ動画』に『428 ~封鎖された渋谷で~』のゲームプレイ動画を掲載され、意に反して絶大な人気動画となっていることに対し、複雑な心境を語っている。

イシイジロウさんは『Twitter』(ツイッター)にて「ニコニコ動画で『428 ~封鎖された渋谷で~』の実況が10万強の再生。複雑な心境」とコメントしているのだ。『ニコニコ動画』をはじめ『YouTube』などの動画サイトは、当然ながら人気のある動画は再生回数が爆発的に多くなる。『428 ~封鎖された渋谷で~』の動画は確かに10万回以上再生されており、皮肉にもイシイジロウさんが『Twitter』で発言してしまったため、さらに再生回数が増え続けている。

この出来事は人気ゲームブログ『オレ的ゲーム速報@刃』にも掲載され、ゲームファンたちに衝撃を与えている。なぜならば、『428 ~封鎖された渋谷で~』はサウンドノベルという小説を読み進めるタイプのゲームジャンルであり、動画を観るだけでゲームそのものを楽しんでいるかのような体験ができるからである。

しかし、『べヨネッタ』や『デビル・メイ・クライ』などの人気ゲーム開発者・神谷英樹さん(所属会社: プラチナゲームス)は『ニコニコ動画』に掲載されているゲームプレイ動画に対して「プレー動画でも同人誌でも、俺個人はそのゲームへの愛があって他のファンが不快に思わないものであればどんどんやればいいと思う…」と、個人的にはプレイ動画を許す方向でコメントしている。

しかしそんな神谷さんも、『428 ~封鎖された渋谷で~』のプレイ動画に関しては「これについては前にも答えたけど…ゲームによっては問題がありそうだね…」とコメントし、イシイジロウさんの考えに対して理解を示している。

『オレ的ゲーム速報@刃』の管理人は「ぶっちゃけ動画みちゃったらもう買わないでしょう。かといって、ゲーム実況動画完全禁止! みたいにされちゃうのもどうかと思うんですよ」とコメントしており、動画を観て楽しむにしても、ゲームで楽しむにしても、結局は個人の考えで判断するしかなさそうである。

とはいえ、『YouTube』や『ニコニコ動画』などの動画共有サービスに掲載されてゲームに人気が出てくるケースもあり、あながち損ばかりしているとは思えないのも事実である。

画像: Twitter jiro_ishii

■最近の注目記事
そば屋でタモリと宇多田ヒカルが遭遇!タモリびっくりしすぎて叫ぶ
『ラブプラス』の美少女がビッチだった! ファン「関係者マジ出て来い説明しろやゴラァ!」と激怒
女の子はエッチな目で見てくる男性がスグわかる!「気持ち悪い視線」

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。