ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PS3の秘密

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

PS3

『プレイステーション3(以下、PS3)』の秘密をひとつ紹介しよう。これは公表されていないことなので『SONY(SCE)』も秘密にしている情報と思われるが、衝撃度はさほど高くないのでウンチク程度に思っておいていただきたい。

『PS3』はご存じの通りブルーレイディスクを再生できるゲーム機だ。この春から夏にかけて発売される3D対応テレビで3Dのブルーレイ作品を見る場合、現在の『PS3』では3Dブルーレイディスクを再生することができない。そう、3Dブルーレイディスクを再生するには、3Dブルーレイディスク対応のブルーレイプレイヤーが必要なのである。そこまでは皆さんもご存じのことだと思う。

『SCE』は『PS3』をアップデートして3D対応ブルーレイプレイヤーにすると正式に発表しているが、今の時点では、まだ対応していないようである。しかし、銀座のソニーショールームにある『PS3』だけは、なぜか3Dのブルーレイディスクを再生することができるのだ!

実際にソニーショールームに出向き、『PS3』で3Dブルーレイディスクを再生した人に話を聞いたところ、「PS3で3Dのブルーレイディスクを再生し、SONYのブラビアで映していました。とんでもなく凄かったです」とのこと。しかしなぜか、「PS3の操作画面が、日本語じゃなくて英語だったんです」とのことで、どうして英語表記だったのかは不明である。

もしかすると、欧米では日本よりも早い時期に『PS3』が3Dに対応されるのかもしれない。3Dテレビを買ったのにブルーレイプレイヤーも新しく買わなきゃいけないとなると、けっこうな出費である。『PS3』さえあればあとは3Dテレビを買うだけという状態ならば、出費が減って3Dテレビにも手が届きやすくなるというものだ。

3Dのブルーレイディスクを再生できる『PS3』を見てみたいなら、銀座のソニーショールームに行くといいかもしれない。ちなみに、3D対応の『PS3』ゲームを体験することもできるので、いち早く3Dゲームを体験したい人も行く価値がありそうだ。


■最近の注目記事
【漫画業界裏話】週刊少年〇〇〇〇編集部に入った泥棒
これは癒やされる♪ 猫が人間の幼児をあやす動画
ゲームクリエーターがセガ新作ゲームに失望「あれ封印」
若い娘のミニスカートが短すぎで危険「パンツ見えるだろ!」
末期ガンだと嘘をついていたブロガーが謝罪し炎上!

apo mekhanes theosの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。