体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アドビの“iPhone離れ”を経営陣が認める

adobe100422

Flashから『iPhone』アプリを書き出す機能『Packager for iPhone』について、米Adobe Systems社のFlashデベロッパーリレーション主任プロダクトマネージャーであるMile Chambers氏が自身のブログで「今後(開発の)追加投資をするつもりはない」と投稿し、一部メディアで「Flash CS5のiPhone向けツールの開発打ち切り」「iPhone向けFlashを断念」と報道されている内容に対して、Adobe社の経営陣が事実であることを認めました。これにより、アドビの“iPhone離れ”の動きが鮮明になったといえます。

これは4月22日、アドビ システムズが米国本社の社長兼CEOであるShantanu Narayen氏と、上級副社長ら経営陣を一同に会して報道機関向けに開催した事業戦略発表会で明らかになったもの。発表会では、4月12日に発表したデザイン・開発向けソフトウェア製品群『Creative Suite 5』を中心に、事業担当の上級副社長らが今後の戦略を語りました。

クリエイティブソリューション事業部門担当 上級副社長兼ゼネラルマネージャーのJohn Loiacono氏は、Flashプラットフォームに関連したプレゼンテーションで『Packager for iPhone』について「出荷はするが、アップルがこの機能でリコンパイルしたアプリを承認しないだろう。これをサポートするかどうかはアップル次第」と発言。質疑応答で前述の報道に関して確認を求められたところ、「今後その機能には投資しない」と、事実であることを認めました。

アドビはオーサリングされたコンテンツをパソコン、タブレットPC、スマートフォン、ネットブック、テレビ、ゲーム機などあらゆるプラットフォームで動作させる『Open Screen Project』を推進しています。発表会ではアップルが『iPhone』や『iPad』でFlash Playerを搭載しないことや、『iPhone』の新OSでアップルが推奨する環境以外からクロスコンパイルしたアプリを禁止するなど一連の動きを「閉じられたシステム」(Narayen氏)と批判。「オープンなエコシステム(複数の企業が協調して発展させていく構造)で、どんなスクリーンでもコンテンツを流通させたいパートナーと協業していく」(同氏)とコメントしました。

これで『Packager for iPhone』は、リリースしたものの、だれも使わない機能になることはほぼ確定といえますが、今後アドビはオープンなAndroidプラットフォームへの傾倒を強めていくと見られます。FlashクリエーターもFlashゲームをAndroidアプリに移植する動きを見せるなど、アドビとユーザーの“iPhone離れ”が加速していきそうです。これに対して、アップルは何らかのリアクションを起こすのでしょうか。

■関連記事
iPhoneアプリ書き出しがダメならAndroidだ! FlashゲームをAndroidアプリに移植したクリエーター
『iPhone』の『Flash CS5』潰しは任天堂に対するハッカーインターナショナルと同じ状況なのか?
新iPhoneOSで発表直前の『Flash CS5』によるiPhoneアプリ書き出しに暗雲? アドビ「開発を継続する」
iPhone OS 4にみる、アップル本気の『どくさいスイッチ』

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。