ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ソルデジ】AVerMediaのUSB3.0対応キャプチャーユニット『CV710』 1080p&60fpsを非圧縮で録画可能な凄い奴

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫
CV710

過去に何度も紹介してきたキャプチャー製品。近年注目を浴びている台湾のAVerMedia Technologies社が新製品を発売したので紹介したい。今回の新製品は『CV710』という製品で、HDMI入力とUSB3.0による転送。ゲームから直接の取り込みだけでなく、デジタルカメラなどHDMI機器ならなんでも録画可能。

昨今普及してきたUSBによるキャプチャー製品。1080pによるフルHD録画製品も増えてきたが、USBで60フレーム録画を実現しているのはまだまだ少ない。現時点では1080pを60フレーム録画できる貴重なUSBキャプチャーデバイスである。

またゲーム配信動画やゲーム生放送ユーザーは今まで遅延回避のためにテレビにパススルー出力していたが、今回はUSB3.0と転送速度が速くなったためダイレクトにパソコンでゲームプレイ&配信が可能となっている。

AVerMediaおなじみの専用ソフトウェア『RECentral』で録画・配信の管理が可能。こちら現在既に販売中で『アマゾン』などで購入可能。値段は2万2000円程となっている。

個人的に『AVT-C875』を使っている私であるが、1080p&60フレームと聞くと『AVT-CV710』に買い換えたくなってしまう。

USB接続のHDMIキャプチャユニット『AVT-C875』 電源不要でパソコンなしでもHDキャプチャ可能な優れもの

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。