ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東芝のChromebookが国内で今年4月に発売されるとの報道

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google Chrome OSを搭載したノートPC「Chromebook」が今年4月にも日本で発売されると産経などが報じています。国内におけるChromebook発売の話は数年前より出ており、最近ではAcer製のChromebookがGoogle Playストア上で一時的に”近日発売”になるなど、発売されそうな兆候は確認されていました。それでもまだ国内発売に関する発表は行われていないというのが最近の状況でした。それが遂に発売されるというのです。同サイトによると、国内第1弾となるChromebookは東芝製になるそうです。東芝は今年1月に「Toshiba Chromebook」を発表しており、今年2月中旬より米国で販売されています。「Toshiba Chromebook」は13.3インチ1,366×768ピクセルの液晶ディスプレイを搭載したノートPCです。これに搭載されているOS「Chrome OS」はGoogle提供のLinuxベースのオープンソースOSで、Chromeブラウザが機能の中心となっており、WEBページの閲覧やアプリの利用は全てChromeブラウザを介して実行されます。「Toshiba Chromebook」は、厚さ0.8インチ(約20.3mm)、質量3.3ポンド(約1.49kg)の筐体に、Celeronプロセッサ、2GB RAM、16GB SSDなどを搭載。バッテリー駆動時間は最大9時間とされています。「Toshiba Chromebook」は米国では$279(約28,800円)という安い価格で販売されているので、国内では3万円前後の価格になると予想されます。Source : MSN産経



(juggly.cn)記事関連リンク
これがOnePlus OneのAntutuスコア?
日経がワールドカップブラジル大会の公式Androidアプリ「日経W杯2014」をリリース、決勝トーナメントの組み合わせをシミュレーションすることも可能
Sonyの6.4インチタブレット「Xperia Z Ultra SGP412」が47,800円に値下げされる

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP