体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

48時間以内に名作ゲームを移植する『むりげー』第7回はお題『ハイパーオリンピック』で開催

odai1

お題の発表から48時間で名作ゲームを“無理やり”移植するプロジェクト『むりげー』の第7回が開催されました。今回のお題は、アーケードゲームからさまざまなプラットフォームに移植され親しまれたコナミの『ハイパーオリンピック』。冬季オリンピックイヤーということもありますが、今回は海外からの参加やダウンロードゲームの登場など、国境とジャンルの垣根を越えて競い合う“ムリンピック”の様相を呈する、バラエティ豊かな作品がそろいました。

・お題はドイツから

odai

3月20日の19時ごろから、前回の最優秀賞とお題が発表されました。『むりげー』ルールにより、前回のお題『オプーナ』を決定した『BABARAGEO』ババラ氏が、第6回の最優秀賞として『オンプーナ』を制作した『のらげーどっとこむ』のNora Shishi氏を選出します。

Nora Shishi氏は、現在海外遠征でドイツに滞在中。さらに、今回は昨年の『東京ゲームショウ2009』で開催されたイベント『センス・オブ・ワンダー ナイト』にも参加した『Lexaloffle Games』のJoseph White氏が事前に参加を表明していたことから、イベント主催のババラ氏がミニブログ『Twitter』の『むりげー』アカウント(http://twitter.com/murigee)で、「なんと!次回は国際大会だよ!ムリンピック!」と予告していました。“ムリンピック”がお題と勘違いして制作を開始してしまう参加者が出るなど一部混乱はありましたが、お題発表の21時を迎えます。

odai

お題は、Nora Shishi氏の作品『オンプーナ』をモチーフにしたFlashムービーで発表。『卒業III』『サクラ大戦』と、お題を思わせるキーワードを提示しながら、最終的にお題が『ハイパーオリンピック』として発表されました。48時間後の3月22日21時までに、参加クリエーターが『ハイパーオリンピック』の移植に挑みます。

・バラエティ豊かな30クリエーター31作品
前出のJoseph White氏に加え、今回は昨年開催された同人ゲーム・インディーズゲームの展示会『秋葉原ロケテゲームショウ1』において、開催時間中だけでゲームを完成させて話題を呼んだ小松菜屋も参加。『むりげー』では初めてダウンロード形式のゲームも登場します。国内のFlashゲームクリエーターが少人数で始めたイベントが、海外やダウンロードゲームのコミュニティにも波及、国境とジャンルの垣根を越えたイベントに成長しつつあることがうかがえます。

締め切りの22日にそろった作品は、30人による31作品。前回の36人という参加人数からはわずかに減りましたが、新しい参加者は増え続けており、今後も広がっていくことが期待できそうです。各作品は、「関連リンク」からリンクするページ経由でご覧いただけます。

『投げたり走ったり』『ハイパー伝説 神々の五輪フォース』
作者:風の騎士
一番乗りの風の騎士氏は、なんと2作品をエントリー。3種類の武器で障害物を破壊するアクションゲームと、ヤリを使うアクションRPG。

投げたり走ったり ハイパー伝説 神々の五輪フォース
1 2 3 4 5 6次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。