体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワクワクするような楽しい研究『三人の研究者展』レポート

三人の研究者展

『ソニーサイエンス研究所』は自由で不思議な研究所。優秀な人たちが集まっているところ。大事なのは「中途半端はダメ、徹底的にやること」という、なんだかとてもおもしろそうなところなのです。研究を進めて学会に論文をバシバシ出すも良し、本を出すも良し、展覧会で直接いろんな人に楽しんでもらうも良し。アピール方法もなんでもアリなのです。

そんな『ソニーサイエンス研究所』の研究者である大和田茂さんとアレクシアンドレさん、そしてそのお二人に賛同した九州大学の藤木淳さんも加わって、渋谷のギャラリー『ル・デコ』で行われた「三人の研究者展」。

「三人の研究者展」
http://imposs.ible.jp/events/20100226/

そこで展示されていたのは、大人も子供も楽しめる、親しみやすくてワクワクする研究。例えば「コミュニケーションできるトイレ」だったり「2次元と3次元が連動して動いているもの」だったり、「声が虫になる」ものだったり。そんな展示物について研究者さんにお話をきいてみました。

『Communication Toilet』大和田 茂

201002281656347

大和田 これは中にいる人と外にいる人を仲良くさせるためのトイレです。
トイレに入りたい人が来た時に、トイレの中にいる人は外の人に何分くらいたてば出られるかということを伝えることができます。ドアに音のセンサーがついていて、ノックの回数で伝えることを選びます。ドアについているタッチパネルを通して外にいる人にメッセージを送ったり、外にいる人が嫌な人だったら、トイレの匂いで攻撃することもできます。

トイレを待っている人からも中の人に気持ちを伝えることができます。待ちきれないということをノックで伝えたり、タッチパネルで「気にしないからがんばれ」とメッセージを書いて励ましたり。「がんばれよ」とか、「もうやばいっす」といった表情の写真を撮って中の人に送ることもできます。

実は外からも中の人を攻撃できます。便座を冷たくしたり、怖い音を出したり、強制的にカギを開けたり。とはいっても最終的には顔を合わせることになるので、なかなかひどいことはできないですけどね。

トイレの中にいる人と外にいる人が待っている間にコミュニケーションをして、カギが開いて、始めて顔を合わせる時はもう知り合いになっている。そんなトイレなんです。

記者 この研究を思いついたきっかけは何ですか。

大和田 最初は結構まじめだったんですよ。
病院で自分の前に何人待っているかというのが分かるのと分からないのとでは、待っている時のストレスが全然違うじゃないですか。トイレの場合はそういうのがほとんどないので、トイレに入っている人がどのくらいで出そうなのか分かる、そういうものが必要だと思って研究を始めました。

それだけでは人に受けなかったんで、だんだん尾ひれがついて、ちょっと攻撃するようにしたらおもしろいかなとかとかやっているうちに、こういうエンタメツールみたいになってしまったんです。

201002281655145

記者 これからはどのような研究をされる予定ですか。

大和田 最近AR *1 というのがはやっていて、僕もすごくおもしろいと思って研究をしています。妖精(ようせい)さんを出していこうと思っていて、ちなみに『Communication Toilet』に出てくるのは『厠(かわや)っ子ちゃん』というトイレの妖精(ようせい)さんです。『萌(も)え木』という植物の妖精(ようせい)さんとコミュニケーションすることで、植物を育てる楽しさを増幅させるというコンテンツも作っています。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。