ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ホリエモン「PS2全盛期のときにMicrosoftに高値売却すべきだった」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
horiemonsan

元ライブドア代表取締役社長の堀江貴文(通称ホリエモン / タカポン)氏が、公式ブログで「PS2全盛期のときにMicrosoftに高値売却すべきだった」と、テレビゲーム業界に対して言及している。

PS2はソニー・コンピュータエンタテインメントのテレビゲームハードで、任天堂を凌駕するほどの大ヒット。現在のPS3の状態が想像もできないほど、飛ぶ鳥を落とす勢いがあった。

堀江氏は最近のPS3がらみのトラブルを引き合いに出し、「ゲーム事業はPS2全盛期のときにMicrosoftに高値売却すべきだったのかも・・・・。edyを楽天に売却したり迷走が続くソニーですが、大変ですね」と、ソニーグループの動向に注目している。

ソニー・コンピュータエンタテインメントは新作ゲームに大規模なバグが発生したり、PS3の内部時計が狂ってデータが破壊してしまうトラブルが発生したり、ソニー・コンピュータエンタテインメント自体が解散することになったりと、不安な状況が続いている。

堀江氏のコメントを読んだ読者のひとりは、「ソニーは出井体制で崩壊しましたからねぇ。スティーブ・ジョブズとえらい違いです。会社を活かすも殺すも経営者次第だとよくわかる事例ですね。ソニーもアップルも目指す方向は凄く似てるだけにわかりやすい」と、ブログのコメント欄で意見を述べていた。

堀江氏によると、「あ、その辺詳しく書いた書籍は4月初めに発売予定です」とのこと。ソニーグループのことが気になる方はチェックしてみるとよいかもしれない。

■最近の注目記事
スクエニ社長がファミ通レビューに衝撃発言「あー言っちゃった」
巨乳すぎる女子フィギュア選手がセクシーすぎると話題
『どうしてこうなった的な画像集』が抱腹絶倒で大人気!
牛丼の吉野家で「もりそば」と「天丼」を食べてみた
ガジェット通信流お好み焼きレシピ大公開! メチャ美味しい

apo mekhanes theosの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。