体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

偽物スーパーマリオのデキが酷すぎる! 全く別物の低クオリティ?

BROS

ATARI(アタリ)の8ビットゲーム機で発売された、『スーパーマリオブラザーズ』(任天堂)の偽物ゲームを紹介したいと思う。ゲームのクオリティは「かなりやばいデキ」なので、笑いながら見てほしい。

ゲームのタイトルは『BROS』というらしく、主人公は赤い帽子をかぶっており、赤い服を着ている。ただしキャラのドットが荒く(大きく)、あまりマリオに似ていない。『スーパーマリオブラザーズ』のように右へ進んで行くゲームなのだが、スクロールはせずに画面が切り替わって進行していく。ほかにも、以下のようなおかしい点がある。

・どこかで聴いたことある有名な曲が流れている
・ブロックを叩くと微妙な鈍い音がする
・ステージをクリアーしたときに鳴る効果音が不快
・主人公が死んだときの声が無駄にリアル

以上のように突っ込みどころ満載のゲームとなっている。『スーパーマリオブラザーズ』を真似たつもりなのだろうが、『スーパーマリオブラザーズ』のクオリティまで到達できなかったようだ。キノコを取っても巨大化せず、さらには正体不明のハエみたいな敵まで登場する。もはや偽物というか別物ゲームだ。『スーパーマリオブラザーズ』の偽物やクローンゲームは数々存在するが、これはその中でも最もクオリティが低い作品なのではないだろうか。

どのようなゲームか気になって仕方ない方は『ニコニコ動画』に動画が公開されているので見てみるといいだろう。さすがに任天堂も、このクオリティーでは訴えるレベルに達しなかったのかもしれない。

ATARI8bitコンピューター用「スーパーマリオブラザーズ」(ニコニコ動画)

■最近の注目記事
サラマンダーを食べてみた
アメリカ人が作るラーメンは本当に美味しいのか確かめてみた
25~30分かけてトンカツを揚げる店があるらしいので行ってみた
小林さんの言うとおりカツラだと告白したらフラれた
ガジェット通信流お好み焼きレシピ大公開! メチャ美味しい

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。