体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「OK Google」などAndroid 4.4“KitKat”が存分に使えるスマートフォン イー・モバイルから発売された『Nexus 5』をレビュー

「OK Google」などAndroid 4.4“KitKat”が存分に使えるスマートフォン イー・モバイルから発売された『Nexus 5』をレビュー

Googleの“Nexus”スマートフォン最新機種『Nexus 5』。日本ではイー・モバイルが11月15日に発売、2.1GHzのソフトバンクのLTEと1.7GHzのイー・モバイルのLTEに対応して提供されています。最先端のスペックとAndroidの最新機能が詰まった『Nexus 5』をイー・モバイルからお借りしたので、レビューをお届けします。

持ちやすさと充実した機能を両立

ディスプレー面 背面に「nexus」ロゴ

『Nexus 5』は、最新のAndroidOS、Android 4.4(KitKat)、5インチフルHDディスプレー、CPUに2.26GHzの『Snapdragon 800』クアッドコアを搭載するAndroidスマートフォン。

軽くて持ちやすい

充実したスペックながら重量は130グラムと軽く、5インチクラスのスマートフォンでは最軽量級。背面のラウンド形状と側面の外周に角の取れたデザインを採用していることから、大画面でも持ちやすいのがデザイン上の特徴です。

右がHDR+撮影 右がHDR+撮影 シンプルなユーザーインタフェース

ハード面では、カメラ機能の充実に注目。画素数は800万画素ですが、「HDR+」モードの撮影に対応。昼間は逆光気味でも人物の顔がくっきり写り、夜は夜景が美しく撮影できます。カメラアプリのユーザーインタフェースも、洗練されて使いやすいものになりました。

プリインストールアプリが少ない

通信事業者から発売された製品であるにもかかわらず、プリインストールされたアプリが30コと少ないのも好感が持てます。イー・モバイルで販売するのは16GBモデルですが、内部ストレージには12GBも空きがあり、ユーザーの好みに応じて自由にカスタマイズしていけるのが特徴です。

1 2 3次のページ
デジタル・IT
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。