ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

存在しない会社なのに!? 『新東宝大全集』が開催

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

新東宝大全集

映画『ベンジャミン・バトン-数奇な運命-』も精力的に紹介しているガジェット通信ですが、こんな映画祭が開催されるのを御存知でしょうか。1月30日(土)からシネマート六本木・シネマート新宿さんで新東宝創立60周年を記念し、60日間で60作品以上を公開する「新東宝大全集」が開催されます。

「新東宝」、この名前を聞いてピンと来る方は、年配の方か余程の映画好きかもしれません。というのも、現在は存在しない映画会社だからです。まず簡単に新東宝そのものの紹介から、話を進めていきたいと思います。

そもそも新東宝とは名前の通り「ゴジラ」・「ALWAYS 三丁目の夕日 」や、現在「感染列島」を公開している東宝から派生した会社ですが、その誕生は昭和20年に発生した「東宝争議」に遡ります。当時、東宝にて労働組合(当時は東宝従業員組合)が結成され、戦後の混乱・ある種のイデオロギー運動をも加味された形で、会社と組合が大きく衝突しました。その激しさは日本史上類を見ない程に加熱し、騒動を収拾するにあたり、戦車や航空機、武装したアメリカ軍までもが投入され「軍艦以外は全部やってきた」と言われる程の状態になりました。

参考:東宝争議(Wikipedia)

その混乱の中、制作活動にも支障をきたし始めた東宝は、配給事業に専念し、制作は東宝から独立した集団へ発注する体制を考えました。それこそが今回紹介する、新東宝だったのです。

新東宝が映画会社として存在した期間は14年と短くはありましたが、その制作への情熱は凄まじく、市川昆・黒澤明・小津安二郎といった巨匠の作品から、果てはエログロと呼ばれる異彩を放った作品まで多岐に渡り、900作品以上を世に送り出しました。
今回のイベントでは、その大量の作品群から厳選された60作品(+α)をスクリーンで上映します。

現在では、異彩を放ったエログロ映画や、「東海道四谷怪談」・「地獄」等、Jホラーの元祖とも呼ばれる中川信夫監督の作品、日本初の特撮映画と言われる宇津井健主演の「スーパージャイアンツ」のような”知る人ぞ知る”といった切り口で語られる事の多い新東宝作品ですが、それだけに留まらず圧倒的スケール感で空前のヒットとなった「明治天皇と日露戦争」などの超大作、牧歌的かつ”滅びの豊かさ”を描いた「小原庄助さん」のような傑作など、新東宝出身の丹波哲郎・菅原文太・大空真弓の若かりし頃、と様々な側面を持っています(余談ですが、今回上映される「ハワイ珍道中」では子役時代の堺正章さんが、父親である堺駿二さんと競演されています)。

映画好きは勿論、日本映画全盛の時代と言われた当時のエネルギーを感じたい方は御覧になっては如何でしょうか。
 
 
■新東宝大全集
■オールナイト特集
■上映スケジュール

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
ひげおやじの記事一覧をみる ▶

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。