体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【検証】デルの超薄型ノートPC『Adamo XPS』は電源なしで開くのか?

adamoxps_rev1

厚さが最薄部9.7mm、最厚部10.3mmで、平均9.9mmの“世界最薄”をうたったデルのプレミアムノートパソコン(PC)『Adamo XPS』。その薄さもさることながら、使用時にはディスプレー部が立ち上がってキーボードを傾けるデザインが特徴的です。注目すべきは、ディスプレー部を開閉する仕組み。天面を指でなぞるとセンサが動作してラッチを解除し、開くというのです。ということは、電源がないと開かないのでしょうか? 実機をお借りして検証してみました。

・開閉機構を検証

adamoxps_rev2

閉じた状態で底面側から見ると、キーボード部がディスプレー部にすっぽり収まるようにして閉じていることが分かります。これにより、閉じた状態でも薄さを保てるのですね。『VAIO X』を見たときにも13.9mmの薄さに驚きましたが、『Adamo XPS』は従来のノートPCにはない発想でボディ設計されていることが分かります。

adamoxps_rev3

この状態では、キーボード部を引っ張り出すように開けるのは難しい。そこでセンサによる開閉機構が登場します。天板中央部で横方向に指をなぞると指を追うように青いライトが点等し、ラッチが解除。センサは、エレベーターのボタンと同様に、静電容量式のスイッチになっているようです。

adamoxps_rev4

解除後はディスプレー部を持ち上げるように立ち上げれば開いた状態に。完全に開くには、キーボード部を押さえながらディスプレー部を倒す必要があります。

・電源が必要?

adamoxps_rev5

閉じた状態を固定するラッチは、ディスプレー面の左右2ヵ所。これを解除するのにセンサを使います。もちろんACアダプタを接続しない状態でもセンサは動作しますが、試しにバッテリーを外してみたところ、センサは動作しませんでした。やはりセンサを動かす電力は必要なようです。

次に、バッテリーを完全に消費するまで使用してみました。バッテリーが0%になるとシステムが終了し、電源スイッチを入れても起動しなくなります。この状態で試したところ、センサが動作する電力は残されているらしく、開けることができました。何度か試してみるとバッテリーが完全になくなり、バッテリーを外したときと同じく開けることができなくなります。

いろいろ試しましたが、開けるときはPCを使いたいときなので、PCを起動するだけのバッテリーがないならACアダプターに接続して開けばよいだけの話。「それでも開けたい」というニーズがあるのかどうか分かりませんが、その場合はどうすればよいのでしょうか。

・解決策はあった!

adamoxps_rev6

ちゃんと解決策は用意されていました。本体には高級時計の説明書のような冊子が付属しているのですが、裏表紙にプラスチックの板が挟んであります。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。