体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『カイジ』の鉄骨渡りに関する建築的考察

kaiji1

マンガに描かれたシーンを建築の視点から見ると、このようになるのですね。『カイジ』は好きなマンガの一つですが、再度読み返したくなりました。今回は森山高至さんのブログ『建築エコノミスト 森山のブログ』からご寄稿いただきました。

『カイジ』の鉄骨渡りに関する建築的考察

『カイジ』というマンガがあります。

作者は福本伸行、元々麻雀(マージャン)マンガの世界でデビューした人ですが、麻雀(マージャン)といういわばゲーム、しかも賭博(とばく)、登場人物も数人で、背景はだいたい雀(ジャン)荘という密室を舞台にした設定、にもかかわらず圧倒的なその心理描写と、あっと驚く展開で読者の度肝を抜き、架空の物語なのに手に汗握らせ、恐るべき筆力でつむぎ出すその世界観と哲学に、生死を賭(か)けた強い描写が不可思議な感動を生み出す天才です。その福本氏のいわば出世作、大ブレイクした作品が『賭博黙示録カイジ』なんです。アニメ化に続きつい最近映画化もされております。

『カイジ』ファンの中では有名な「鉄骨渡り」というエピソードがあります。これはカイジたち多重債務者が借金をチャラにし、なおかつ賞金を手にするために挑む賭博(とばく)競技なのですが、上空に渡した一本の鉄骨を参加者が渡る、そして渡りきった者だけに賞金が手渡される。途中、他のライバルを蹴(け)落としてもかまわない、むしろ他人を蹴(け)落として自分だけが生き残ろうとするその人間模様に加えて、その鉄骨渡り競技を人間競馬と称しセレブ達がギャンブルをおこなっているという、まあ救いようのない設定なんです。

私の疑問というのはこの上空に渡しかけた鉄骨についてなんです。

最初の鉄骨渡りのシーン(「第60話:絶望」12ページ、「第61話:初歩」2ページ)では問題はないんです。どういうことかと言いますと、通常この25メートルくらいのスパンを一本の鉄骨でまっすぐ水平にとばそうとすると、もっと必要な鉄骨の梁(りょう)せいが250ミリくらいしかない。下図でいうところのH寸法がこれでは足りないんです。つまり真ん中が垂れる、だからちょうど梁(はり)の真ん中に柱が建ててありますよね。

そして、カイジたちの足元を見るとわかるように(「第63話:狂宴」13ページ)鉄骨の側面も閉じていて、上端に筋がはいっているのは、この鉄骨はH型鋼ではなく、溝型鋼というものを内側合わせにつかっているということがわかります。しかも段々渡りにくくするために先にいくにしたがって細くなるように合わせ面のフランジを薄くカット加工して溶接したものです。これはレーザーを使用しないと切れない、溶接時のゆがみも出さないような難しい加工なんです。

o0551023810372265593

全体の長さ25メートルですから、鉄骨の一般的な製造限界16メートルを超えていますので、両端のかかりの部分を含め14メートル材を真ん中の柱の位置で継いでいるのでしょう、この鉄骨への細工には寺銭でまかなっているとはいえ、かなり工事費用がかかっています。

「第67話:無謀」2ページの鉄骨を渡るシーン。ちょうどカイジが観客から押せ押せと言われて3人がもっとも接触した時点での250の溝型鋼材鉄骨の加重応力を構造計算してみました。スパン12.5メートル、真ん中のカイジをP1、カイジの前にいる11番の若者をP2、そしてカイジの後ろ12番の角刈りの人をP3とします。

使用した構造ソフトは有限会社ランドテックさんの「SSPANフリー版Ver.2.00」です。
http://www.mmjp.or.jp/landteck/download.html

o0459039710371631815

2センチ以下になっていますね。人間競馬鉄骨渡りのためだけの仮設構造物であるにもかかわらず、これを構築作業した鉄骨業者は建築基準法上のたわみ制限2センチ以内を守っているところが、さすが日本の建設業者ですね。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。