体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2014冬アニメ】総勢30人の魔女が登場! 水薙竜原作『ウィッチクラフトワークス』放送決定! 先行上映イベントも実施

WCW_KEY

魔女×魔女×魔女――総勢30人以上の魔法少女たちが巻き起こす、話題沸騰の新感覚学園ラブコメ・コミック、水薙竜原作の『ウィッチクラフトワークス』が2014年1月より放送されることが決定した。原作は講談社刊『good!アフタヌーン』(毎月7日発売)にて好評連載中。2012年11月のアニメ化決定告知を受けてさらに注目度がアップ。コミックは現在までに5巻刊行されており、11月7日には最新6巻が発売される。監督は『ガールズ&パンツァー』や『よんでますよ、アザゼルさん。』などで監督を務めた水島努。脚本は水島努、『じょしらく』や『げんしけん』などの横手美智子、『ガールズ&パンツァー』や『けいおん!』などの吉田玲子が担当することに決定した。

あらすじ

“多華宮君は私のお姫様だから―”
平凡なスクールライフを送る男子高校生・多華宮仄と、文武両道、容姿端麗で、生徒たちから『姫様』と呼ばれるほど絶大な人気を誇る学園一のマドンナ・火々里綾火。
クラスメイトながら住む世界が違うふたりであったが、ある日の放課後、『塔の魔女』の事件に巻き込まれた多華宮仄のピンチを、魔女の姿をした火々里綾火に救われ急接近する。実は彼女は、多華宮仄を護ることを唯一の使命とする “魔女”だったのだ。
平凡な高校生だった多華宮仄の日常は、いったいどこへ向かうのか―!?

キャラクター紹介

多華宮仄(たかみやほのか):小林裕介

01_多華宮仄

私立冬月高等学校に通う、ごく普通の高校生。生真面目で押しの弱い性格が災いし、クラスでもほとんど目立たない。だが、彼自身に隠されたある秘密から、学園のマドンナである綾火に護られる立場となる。

火々里綾火(かがりあやか):瀬戸麻沙美

02_火々里綾火

冬月高校に通う仄のクラスメイト。成績優秀、スポーツ万能、圧倒的な美貌と清廉さから男女問わず絶大な人気を誇り、「姫様」と呼ばれている。その正体は『工房の魔女』であり、敵対する『塔の魔女』から仄を護ることを使命とする。非常にクールで感情が出ることはあまりないが、仄に対しては甘やかす傾向がある。

多華宮霞(たかみやかすみ):茅野愛衣

03_多華宮霞

冬月高校に通う仄の妹。内向的な兄に比べて明るく活発な少女で、感情表現も非常に豊か。妹として、『工房の魔女』として兄を護ることに絶対的な使命感を抱いている。

倉石たんぽぽ:井澤詩織

04_たんぽぽ

冬月高校に転入してきた『塔の魔女』のひとり。動物の耳(ケモミミ)と縦長の眼を持つのが特徴の獣耳族。式神使いで、白ウサギの軍団「白ウサ騎紙団」を指揮する。

1 2次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会