ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本のオタク文化が“異世界”へ羽ばたく! アニメ『アウトブレイク・カンパニー』クロスレビュー[7.3/10点]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2013秋アニメクロスレビュー『アウトブレイク・カンパニー』

『萌え』ノミクスは吉か、凶か!?高校中退、いわゆる自宅警備員!からの~、やっと決まった就職先は、ドラゴンが空を飛ぶ異世界だった!だが生粋のオタクである主人公・加納慎一は困惑するどころか欣喜雀躍、喜色満面。なぜならその異世界――エルダント帝国は、美幼女の皇帝陛下が君臨し、メイドとしてハーフエルフの美少女があてがわれ、巨乳の獣耳少女やらめがねっこ女性自衛官やらが入り乱れる魅惑の世界だったからだ!慎一の使命は異世界との交易に最適とされた『オタク文化の伝導』。アニメにラノベ、漫画にギャルゲー、全てに堪能な慎一は尊敬され、憧れを抱かれ、思わぬリア充生活が始まる!『萌え』は世界を変えるのか!?それとも破滅に導くのか!?

制作/feel.
監督/及川 啓
声優/花江夏樹、三森すずこ、渕上舞 ほか
10月3日よりスタート
TBS 毎週木曜日 25:28~
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/anime/obc/[リンク]

2013秋アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

7.3/10点(レビュアー 4名)

鬼嶋ピロのレビュー


演出 10
脚本 9
作画 9
OP / ED 8
俺たちもこの世界に行けば英雄になれる度 10
-----
総合 9

日本とファンタジー異世界が富士の樹海から繋がった世界観で日本のオタク文化を広げていくのが今作OBC、勘定奉行にお任せあれええええ・・・・では無いwww
元引き篭もりの筋金入りのオタク主人公が活躍する作品は夢と希望を与えてくれますwwってか、ちょいちょいネタが挟まれるwww
作画の塗りが淡いのはやはり最近の流行なのかねwキャラも可愛いし、啓治さんのオッサンが凄い黒さを漂わせていますなwwハーフエルフの可愛いメイドさんとか俺も欲しいよチクショウwww
画もクオリティ高いし、動きも良いし、かなりネタが満載らしいし、今後の展開が楽しみだwww

srbnのレビュー

演出 7
脚本 8
作画 8
OP / ED 8
クールジャパン 10
-----
総合 8

いやー、クールジャパンやばいっすね。まさか異世界との交易にも利用されるとは。ラノベの要素をありったけ突っ込んだっぽい作品なのでやんわり期待しながら観るぐらいがちょうどいいかな、と。ファンタジー、カンパニー、ハーレムと、いろんな展開が想像できるのですが一体どうなってしまうのでしょうか。作中の皇帝陛下の城に入ったところのBGMすごく良かったのでまた聴きたいですね。エンディングの作詞作曲がボカロPのゆうゆさんだったのでちょっとびっくりしました。

アニ二郎探検隊のレビュー

演出 6
脚本 6
作画 6
OP / ED 6
メイドはいいものだ度 10
-----
総合 6

現実の状況をわりとリアルに置いておきながら、異世界と繋がってしまったので異世界で萌えを広めるというストーリー。
今のラノベの抑えるところは抑えている設定なので主人公のなんかイラッとする気持ち悪さを受け入れられれば
かわいこちゃんも多いので楽しめるかと思います。
無難なのでそこそこおもしろいと思いますが、ありがちすぎて記憶に残らないという結果にならないといいなと思えました。

ジョージ・レックのレビュー

演出 6
脚本 6
作画 7
OP / ED 5
キタ━(゚∀゚)━! 8
-----
総合 6

まさしくラノベアニメの見本のような作品。主人公が異世界に行き、美少女たちに囲まれる。なんというラノベ。さてはラノベ原作だな。やはりそうか。1話でだいたいわかった。主人公の慎一がメイドのミュセルにひらがなを教えるシーンは、後半泣かせる展開のためのギミックなんじゃねえの?と思ったのでジョージは今からワクワクしてる。異世界で美少女とドラゴンと騎士に囲まれて月収30万も貰えるなんてなんていい仕事なんだろう。軽い気持ちでお付き合いしていけるアニメ。

レビュアープロフィール

鬼嶋 ピロ
業界の隙間でぬるっとなんやかんやしてるアニヲタDQNですw

アニ二郎探検隊
アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

srbn
OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

ジョージ・レック
古いアニメから最新のアニメまで広く浅く監視中。ロボット・能力バトル・恋愛・日常…なんでも食う系男子。好きなアニメは「聖闘士星矢」「輪るピングドラム」「ぱにぽにだっしゅ!」

(C) 榊一郎・講談社/OBC製作委員会

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP