体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

48時間以内に名作ゲームをFlashに移植する『むりげー』第5回開催!お題は『ファイナルファンタジー XIII』

ゲーム
murige_logo_5

お題の発表から48時間で名作ゲームを“無理やり”Flashに移植するプロジェクト『むりげー』の第5回が開催されました。第1回『ときめきメモリアル』、第2回『スターラスター』、第3回『ディシプリン*帝国の誕生』、第4回『サンシャイン牧場』に続く今回のお題は、『ファイナルファンタジー XIII(以下、『FF13』)』。国民的人気RPGを、Flashゲームクリエーターたちはどう料理したのでしょうか。

・企画会議を生放送
クリスマス当日の12月25日20時30分から、前回の最優秀者とお題の発表が行われる企画会議が開催されました。この模様は『ニコニコ生放送』の番組『ガジェ通生放送:48時間で名作ゲームを移植する『むりげー』公開企画会議!』で放送され、視聴者が見守る中、第5回のお題が発表されました。最初に『むりげー』開催ルールにより、前回のお題発表者である『ひみつ研究所』の奥山氏が、第4回の最優秀者を『ダービー牧場』を制作した太郎氏に決定。会議に出席できなかった太郎氏は、なんとお題発表用のゲームを公開してお題を発表しました。

murige5_0_1

インベーダー風のキャラクターを撃っていくと、お題として『萌え萌え2次大戦(略)』の文字が……。システムソフト・アルファーの萌え系戦略シミュレーションがお題に!と思いきや、文字が爆発して最終的なお題『FF13』が現れるという凝った演出。放送を盛り上げました。

murige5_0_2

企画会議に参加したクリエーターのババラ氏、奥山氏、polig氏、野良獅子氏は、お題が決まった直後から長考モードに。口数が少なくなります。それもそのはず、このお題が発表された21時ごろから48時間後の12月27日21時までに、参加クリエーターは移植ゲームを制作し、公開していくことになるのです。

・23クリエーターの作品が公開
そして迎えた27日。締め切り前後までに参加したクリエーターは23組と、前回を上回る参加者となりました。

知名度が高く、ユーザーが多い『ファイナルファンタジー』シリーズとはいえ、『FF13』は、12月17日に発売されたばかりのタイトル。実際にプレイしているクリエーターも少なく、公式サイトや動画、ネット上の評判から手探りでオリジナルの『FF13』が制作されていきました。今回も、ジャンルの枠を超えたバラエティ豊かな作品ぞろい。各作品は、関連リンクからリンクするページ経由でご覧いただだけます。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会