ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

新幹線『500系のぞみ』ラストラン~宿泊プランも登場

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
nozomi500

『N700系』が登場してからは、ほとんど見かけることがなくなった『500系のぞみ』。それもそのはず、現在は1日1編成の運行だけになってしまっています。

『500系』が登場した当時、先頭車両と特徴的な車内のデザインが話題となりましたが、その『500系』が、2010年2月28日の運行をもって『のぞみ』としての営業運転から引退してしまいます。『500系のぞみ』ってどんなのだっけ? という方には、鼻が長くて青くて直線的なフォルムの新幹線、と言えばわかっていただけるでしょうか。

乗ったことがある人ならわかると思いますが、『500系』は車内が狭く感じるんですよね。天井が低くて、圧迫感すら覚えます。なので、新幹線のホームで自分の乗る車両が『500系』だとわかった時は、ちょっと悲しかったのですが、引退と聞くと、一抹の寂しさを感じずにはいられません。

さて、そんな『500系のぞみ』の引退に合わせて、近畿日本ツーリストが駅探とコラボした宿泊パック『新幹線500系のぞみラストラン宿泊プラン』が販売されています。

東京、新横浜、名古屋、京都の各駅でセレクトされたホテルは”駅近”ではなく”線路に近い”がポイントなのだとか。もちろん、お部屋は”新幹線ビュー”なので、心おきなく写真撮影が楽しめます。どこの駅も新幹線ホームは一段高いところにあるので、この季節は特に風が強くて寒さを感じるものですが、暖かなホテルの部屋からの撮影なので、トイレに困ることもありません。しかも、普段はなかなか見ることのできないアングルからの撮影なので”撮り鉄”の方も充分満足できることでしょう。

しかも、『500系のぞみ』が東海道・山陽新幹線を通して運行しているのは、博多を7:00に出発し東京駅到着が12:13の『のぞみ6号』と、東京駅を12:30に出発し博多駅到着17:44の『のぞみ29号』の一往復のみ。東京駅で折り返すわけですが、通常ならこの時間帯はホテルの客室はお掃除タイムのため、利用することはできません(延泊すれば別ですよ)。ところが、このプランを利用すれば、アーリーチェックイン・レイトチェックアウトで新幹線『500系のぞみ』が通過する時間帯でも確実にお部屋に滞在できる設定があるのです!

駅近のホテルに泊まったことのある人ならわかると思いますが、電車が走る線路の夜景って、キレイなんですよね。電車ファンだけでなく、夜景ファンの心もくすぐるこのプラン、『500系のぞみ』が引退するまで続きます。部屋の数には限りがあるので、お早めに!

■関連記事
プラレール50周年記念『151系特急電車こだま号』10月14日“鉄道の日”に発売
毎朝の電車通勤が楽しくなる動画! 列車で天国と地獄
スウェーデンの電車は車内でもインターネット接続可能!

かわちの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。