ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『Moto X』にはGoogle Play Editionも存在するらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫


今朝発表されたMotorolaの新フラッグシップ『Moto X』にはキャリアモデルだけではなく、Google Play Editionも存在すると『The Verge』が伝えています。

『Moto X』は、米国ではAT&T、Verizon、Sprint、T-Mobile、U.S.Cellularを通じて8月下旬~9月上旬に発売される予定で、Google Play Editionの発売は明らかにされていませんでした。『The Verge』はGogole Play Editionのカラバリや価格、発売時期、『Moto Maker』の利用可否などは不明としていますが、近いうちに発売されると述べています。

Google Play Editionになると、まずは、SIMロックはかかっておらず、ブートローダーもロックを解除できるようになります(キャリアモデルはSIMロック付き&ブートローダーはロック&暗号化済み)。次に、ソフトウェアは他の『Nexus』デバイスと同じように標準のAndroidを搭載しており、キャリア独自アプリやプロモーション用のアプリは含まれません。そして、アップデートもタイムリーに提供されるようになります。ちなみに、『Moto X』の長期契約なし価格は、16GBモデルは$575、32GBモデルは$630とされています。
Source : The Verge



(juggly.cn)記事関連リンク
IGZO&フルセグ搭載タブレット「AQUOS PAD SH-08E」が本日発売
世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2013年7月)、Jelly Beanのシェアが40%を上回る
Sony Mobile “Honami”の写真がまた流出、Gレンズの採用と2,000万画素カメラの存在が確認される

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。