ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヤマダ電気、オリジナル製品となる7インチAndroidタブレット「EveryPad」を本日発売、価格は21,800円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヤマダ電機は7月11日、創業40周年を記念したオリジナル製品となる7インチAndroidタブレット「EveryPad」の発売を発表しました。発売日は本日7月12日で、全国のヤマダ電機店舗、ベスト電器やツクモ電機などのヤマダ電機グループの店舗、ヤマダ電機の直販サイトを通じて販売されます。価格は21,800円です。「EveryPad」はレノボ製のAndroidタブレット。OSはAndroid 4.2(Jelly Bean)を搭載しています。Google Play対応かどうかは明記されていませんが、ホーム画面にGoogle PlayストアやGmailのアイコンが描かれているので、対応しているのではないかと思います。また、製品にはタッチペンが付属します。ディスプレイは7インチ1,024✗600ピクセルのIPS液晶(マルチタッチ対応)、プロセッサはMediaTek MT8125 1.2GHzクアッドコア、RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は16GB、Micro SDカードも利用可能です。カメラは背面に500万画素(AF対応)、前面に30万画素を搭載。バッテリー容量は公開されていませんが、Wi-Fi接続時の駆動時間は約7時間とされています。本体サイズは194×120×11mm、質量は約345g。カラーはホワイト1色。Source : ヤマダ電機直販サイト



(juggly.cn)記事関連リンク
Adobe、Android向けFlash Play]erの新バージョン「11.1.115.69(ICS用)」と「11.1.111.64(GB/HC用)」をリリース
ソフトバンク、米国キャリア Sprintの買収を完了
最新のAndroid版Googleマップ(v7.0.0)のオフラインマップ機能は、検索バーに”ok map”と入力するだけで利用可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP