ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、「Chrome for Android v28」の安定版をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは7月11日、Android向けブラウザアプリ「Chrome for Android」の新バージョンv28(28.0.1500.64)の安定版のリリースを発表しました。Chrome v28では、WEBページのレンダリングエンジンが“Webkit”から独自の“Blink”に刷新されています。新機能としては、Google翻訳によるWEBページの翻訳機能が追加され、WEBページの内容がAndroidの設定言語と異なる場合に、画面下部にGoogle翻訳のツールバーが表示され、文章を翻訳することができるようになりました。もちろん、翻訳後に原文に切り替えることもできます。また、タブレット向けのユーザーインタフェースがフルスクリーンモードに対応し、WEBページを画面全体で表示することができるようになりました。さらに、実験機能として実装されているSPDYプロキシを利用したデータ圧縮オプションに、通信データ量をグラフで表示する機能が追加。過去1か月間でどれほどの通信量を節約したのかを把握することができます。このほか、なんでもフルスクリーンにするHTML5のFullScreen APIへの対応、エラーページの変更、アラビア語やペルシャ語、ヘブライ語などの右から左にテキストを配置するRTL言語向けのユーザーインタフェースの最適化も行われています。「Chrome for Android」(Google Playストア)Source : Chrome Releases Blog



(juggly.cn)記事関連リンク
Verizon版「Moto X」は8月23日に発売予定?発売スケジュールの情報が流出
Adobe、Android向けFlash Play]erの新バージョン「11.1.115.69(ICS用)」と「11.1.111.64(GB/HC用)」をリリース
ヤマダ電機、オリジナル製品となる7インチAndroidタブレット「EveryPad」を本日発売、価格は21,800円

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP