ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新世代クラウドゲーム機『G-cluster』が6月20日より発売! 映画も観られる?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


元の記事:http://getnews.jp/archives/348149

ゲーム業界は『WiiU』や『プレイステーション4』、『Xbox One』といった高性能ゲーム機が出てきているが、本体をハイスペックにせずともハイエンドなゲームを楽しむことができるゲーム機があるのだ。そのゲーム機は『東京ゲームショウ2012』でも出展されていたクラウドゲーム機と呼ばれるもので『G-Cluster』という製品。大きさはスマートフォン程のサイズでとてもコンパクト。USB接続端子とHDMI出力端子があるくらいだ。

ゲームをそのものは『G-Cluster』で処理を行わずにサーバー側で処理を行い、その映像をネット回線を通じてプレイヤーが操作することになる。簡単な話がゲーム機の遠隔操作である。

こう考えると非現実的かもしれないが、実際に世の中のサービスはクラウドに移行しつつある。実際に同じくゲームクラウド技術のgaikaiはSCEIに買収されなにかしらのクラウド技術を『プレイステーション4』に盛り込むと考えられている。

今回そんな『G-Cluster』の発表会が東京ミッドタウンで行われ、『G-Cluster』の価格と発売日、そして予約日が発表された。

価格は本体単体で9980円(税込み)、コントローラなどを含む基本セットが1万3800円となっている。どちらのセットにも電源アダプタ、USBケーブル、HDMIケーブル、G-Clusterホルダが付属。基本セットにはそれに加えてコントローラが付属する。またコントローラはPC用のコントローラを使うことも可能なほか、スマートフォンやタブレットをコントローラにすることも可能である。

『G-Cluster』は家庭のテレビに接続しWi-Fi接続するだけである。ゲームの処理(映像、音楽)を端末に配信しプレイヤーに伝える。ゲームディスクは不要で、アプリのダウンロードも不要。ゲームは『G-Cluster』のポータルサイトから遊びたいゲームを選択するだけ。

一度選んだゲームは月額料金なしで1年間好きなだけ遊ぶことが可能。また30タイトル遊び放題の「月額500円プラン」も用意されている。遊びたいゲームのみを単品で購入するか、月額500円を選ぶかはユーザー次第である。

ラインナップは?

気になるゲームラインナップは日本ファルコムの『イースI&IIクロニクル』、UBIの『アサシンクリードII』、コナミの『PCエンジン・ライブラリー』などコンシューマでおなじみのものが多数並んでいる。もちろんコンシューマからの流用だけでなく全くの新作も用意されている。タイトルは毎月増えていくとしているので、「月額500円プラン」だとかなりお得なのではないだろうか?

実際に映像を見て

発表会では実際にゲームのデモンストレーションが行われた。UBIsoftの『H.A.W.X.2』や『アサシンクリード2』が実際にプレイされたがコンシューマゲーム機やPCと遜色ないデキで動作していた。実際にはコンマ数秒の遅延があるのかもしれないが、他人のプレイを見た感じはかなりよく動く。

究極のシンクライアントなだけにハードの制約がないのが強みである。下手すれば『プレイステーション4』や『Xbox One』以上のグラフィックのゲームも遊べてしまうのである。

『G-Cluster』で映画が観れる?

そんな『G-Cluster』はゲームだけでなく映画も観られるようになるという。今日は詳しくは触れなかったが『Hulu』のような映像配信サービスを狙っているのだろうか。

こちら『G-Cluster』は6月20日に発売となっている。

『G-Cluster』公式サイト

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP