体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【MobileHackerz X 竹中直純 スペシャル対談:番外編】深水英一郎が訊く!

このほど完結した、テレビの新しい楽しみ方を探る対談シリーズ。番外編として、未来検索ブラジル代表取締役の深水英一郎が登場。MIRO(MobileHackerz)と竹中直純(未来検索ブラジル取締役、SPIDERの仕掛け人)の2人の論客にテレビへの疑問をぶつけます。(バックナンバー:第1回 / 第2回 / 第3回 / 第4回 / 第5回)。

編集:ガジェット通信編集部・宮原俊介(shnsk)

■テレビはライブで「観られたがっている」
深水 テレビって基本的にライブで観られたがっていると思うんですよ。なんでですかね?

MIRO 視聴率という数字に出ることと、CMを観てもらわないと商売にならないから。

いくつか理由があって、まず視聴率という数字に出ないことには商売にならないから。あとは彼らはあくまでも放送しているコンテンツというのは、全部自分のものなんですよ。自分たちの所有物を見せてやっている。それを録画して手元に置かれてしまうと、「自分たちのを持っていかれた」という考えをしますよね。

竹中 理詰めでいくと商売にならない。
感情的には、後者の「自分たちのものを分けてあげてやってるのに」という考えなんでしょうね。これは多分に、戦後間もなくから続いている課題のような気がする。

今のテレビを牛耳ってるのはどの年代か知らないけど、現在のようにインターネットが出てきて、情報がフリーに「なりたがっている」ことが分かる人が上層部になったら、変わるんじゃないか。それで商売にならないことが重石になるので、今度は理詰めで「ライブで見てね」というのを言い出すかもしれない。

改変期の『TBS祭り』のライブ感とか、スポーツとか、それは大事だとテレビの人は思っていると思う。それを茶の間で見ることによって、その場を共有していることを日本中に広めることがテレビのいい効果でもあり、怖い効果でもある。ということじゃないですかね。

■“全録”環境VSオンデマンド配信
深水 NHKワンセグの受信料って、個々に課金できるんですか?

MIRO 世帯ごとですよね。
これ以上収益を拡大することは、みんな許さないんじゃないですかね。

深水NHKオンデマンド』(アーカイブ配信)を全テレビ局でやったら、24時間、全局を録画しなくてもよくなる気がするんですけど。

MIRO 全番組を無料でできるんだったら、要らないですね。でも、放送事故まで再現するのかというのは疑問です。

放送されたものがそのまま配信されるんだったら要らなくなると思うんですけど、24時間録画でできることって、番組を観るというのと、そのとき起こったことを追体験できるメリットがあるんですよ。ドラマとかバラエティとか、作り込まれた番組が再配信されるならかまわないんですけど、放送事故みたいなものがあったことを後から話を聞いて追体験しようと思ったら、そのまま来ないと意味がない。

竹中 インターネットで、既存メディアを信頼しないような空気が蔓延(まんえん)してますけど、放送局側がこれ以上改善するとは思えない。たとえば、毎日新聞にこんなこと書いてあったみたいなのが、突然消されたりするわけですが、ウェブアーカイブとか『ウェブ魚拓』っていうのがこれだけアラ捜しに使われていますよね。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。