ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ファインディング・ニモ』の新作『ファインディング・ドリー』の企画が明らかに!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『ファインディング・ニモ』の新作で、物語の1年後を描く『ファインディング・ドリー』(原題・米:2015年11月25日公開予定)の企画がアメリカで発表、新たなピクサーの人気作の続編が明らかになりました。

2003年に公開された『ファインディング・ニモ』は人間にさらわれてしまった“カクレクマノミ”の子どもニモを心配性の父マーリンと親切だけど物忘れのひどいドリー(ナンヨウハギ)が果てしない海を冒険しニモを探し出す冒険と感動のストーリー。本作でアカデミー賞・長編アニメーション賞を受賞し、さらに、日本での興行収入も110億円を記録する大ヒットを記録しました。

オリジナル版でドリーの声を演じたエレン・デジェネレスは「とっても長い間、この日を待ち望んでいたの。長く長く長く時間がかかったことを怒っているわけじゃないのよ。ピクサーの人たちが『トイ・ストーリー16』の制作で忙しかったのは知っているから。でも時間をかけただけあったわ。台本が素晴らしかったの。それに1作目で大好きだったものが全て詰まっているの」と冗談まじりに続編への喜びを爆発させています。

ディズニー/ピクサーといえば『トイ・ストーリー』(96)の発表以降14本の新作を発表しており、近年でも『WALL・E/ウォーリー』(08)『カールじいさんの空飛ぶ家』(09)『メリダとおそろしの森』(12)等アカデミー賞を獲得するなど輝かしい成功を収めています。

通常はヒット作からシリーズ化は定石だが、ディズニー/ピクサーで劇場公開された続編は『トイ・ストーリー』『カーズ』のたった2作品だった。それもそのはず、ディズニー/ピクサーで続編を作る際のハードルの高さは新作の比では無く、スタジオを納得させる為には全てのクオリティが前作を上回る必要がある為。その結果は興行収入が全てを示しており、続編のクオリティは絶対なのです。

【ディズニー/ピクサー作品の興行収入】

トイ・ストーリー:15億円
トイ・ストーリー2:34.5億円
トイ・ストーリー3:108億円

カーズ:22.3億円
カーズ2:30.1億円

モンスターズ・インク:95億円
モンスターズ・ユニバーシティ:2013年7月6日公開

ファインディング・ニモ:110億円
ファインディング・ドリー(原題):2015年11月25日公開予定


『ファインディング・ドリー(原題)』に先駆けて7月6日より公開となる『モンスターズ・ユニバーシティ』は、サリーとマイクの最恐名コンビの“学生時代”が明らかとなります。本作が「ピクサーの続編に負け無し!」のジンクスを無事死守出来るのか、今から期待が高まります。

http://www.disney.co.jp/monsters-university/

(C)2013 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP