ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ビクター、ハイビジョン動画も撮れる超軽量95gのカメラ『PICSIO GC-FM1』発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

victor_gc-fm

ビクターは、ハイビジョン動画と800万画素の静止画撮影が可能なカメラ『PICSIO GC-FM1』を9月下旬に発売します。重さわずか95gと胸ポケットに入るコンパクトさで、スナップ感覚で日常の気になるシーンを撮影できます。また、『YouTube』へのアップロードや『iTunes』への動画転送に対応しており、撮影した映像をかんたんに共有することができます。カラーは、ブラック、ブルー、パープルの3色。価格はオープンですが、想定実売価格は2万円前後です。

『PICSIO』は、ビクターが日常のコミュニケーションツールとして提案する新しいビデオカメラのシリーズ。SNSやブログなどの普及を背景にした、若年層の“手軽に日常の出来事を撮影”して“サイトやブログにすばやくアップロード”したいというニーズの高まりに応えるかたちで企画されました。

『GC-FM1』は、かんたんな操作で“撮って・見て・共有する”パーソナルユース向けの『PICSIO』シリーズ第一弾となる新製品です。携帯電話と同じくらい軽く(95g)、W53×H97×D17mmとポケットに入れておいても気にならないほどフラットでコンパクトなボディ。いつも身につけておけば、動画も写真も思いのままに撮れる“1台2役”のカメラとして活躍してくれそうです。

817万画素の1/3.2型CMOSセンサーを搭載し、最大203万画素(1000p)の動画、799万画素(3294×2448ピクセル)のなめらかな静止画を撮影可能。SD/SDHCカードに対応しており、HDMI端子を搭載していますのでハイビジョンテレビで動画を楽しむこともできます。

victor_gc-fm2

背面には、2.0インチの液晶ディスプレイとシンプルで直感的な操作が行えるように操作ボタンを配置。メニュー画面を見なくても、ボタンだけの操作で撮影を行えます。

『YouTube』へは、パソコンへ接続すると本体内蔵のソフトウェア『MediaBrowser LE』でダイレクトにアップロードでき、映像を通じたコミュニケーションを手軽に楽しめます。また、『iTunes』への動画転送にも対応。お気に入りの動画を動画対応の携帯音楽プレーヤーなどに入れて持ち歩くこともできます。

9月25日(金)11時~10月6日(火)17時まで『新商品 特別モニターキャンペーン』が行われています。商品モニターとして協力することを前提に、『GC-FM1』を特別モニター価格で購入することができます。募集人数は各色500名、ビクターのウェブサイトで募集しています。いちはやく、新製品を使ってみたい人は応募してみてはいかが?
 
 

■関連記事
ライカの新たな伝説、新世代デジタルカメラ『ライカX1』発売へ
小型・軽量でスタイリッシュなパナソニックのレンズ交換式デジタル一眼『DMC-GF1』
光学式14.3倍ズームレンズ搭載のデジタルカメラ『FinePix S200EXR』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。