体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京ゲームショウ】脳波でゲームを操作するヘッドセット『MindSet』は10月発売

ゲーム
mindset

『東京ゲームショウ2009』でも異彩を放っていたのが、米NeuroSky社のブース。デモを体験しているプレイヤーがひたすらパソコン(PC)のモニタを見つめ集中しています。こちらは、脳波センサ付きヘッドセット『MindSet』と、専用ゲームを展示中。10月にNeuroSky社サイトで販売を開始する新製品です。価格は2万5000円を予定しています。

『MindSet』は、ヘッドホンにマイクではなく、電極のついたセンサアームが付属したヘッドセット。こちらでゲームの操作ができるそうです。『Wii』やマイクロソフトが発表した『Project Natal』など、プレイヤーが体を動かしてゲームを操作する“体感ゲーム”からさらに進んで、ゲームはサイキックな方面に進化しようとしているのでしょうか。

記者も早速体験してみました。ヘッドセットを装着して電極を額に当てると、プレイヤーの脳波を検出します。まず、脳波をビジュアル化するアプリケーション『ブレインウェーブ・ビジュアライザー』で脳波を計測。説明員さんによると「(脳波が)大きく出ている」「リラックスと集中が上手に切り替えられていますね」とのこと。なんだかほめられているみたいですよ!画面には、脳波の周波数成分で分類されるアルファ波やシータ波がグラフで表示され、自分の脳波がどのような状態かを見ることができます。これにより自分が現在、集中しているのかリラックスしているのかが分かるそうです。

続いてアクションゲーム『ニューロボーイの冒険ゲーム』に挑戦。ニューロボーイを操作して、フィールド内にある物体を動かすことができるゲームなのですが、対象物をクリックして、脳波をリラックスした状態にすると持ち上げたり、集中した状態にすると火をつけたりできます。説明されるままに「リラックスしよう」「集中しよう」と念じると、手も触れずに面白いように操作できます。「このゲーム、向いてるのかも!」と思ったのですが、脳波に対する感度は調節できるようなので、難しく考えなくてもだれでも操作できるようです。

ヘッドセットを購入すると、上記の『ブレインウェーブ・ビジュアライザー』『ニューロボーイの冒険ゲーム』が付属し、さらに脳波で操作するアプリケーションを自分で開発できる開発ツールが付属します。

この開発ツールを使って制作されたPCゲームが準備中で、NeuroSky社サイトから無料(一部有料)でダウンロードできるようになるとのこと。開発会社には、“貧乏ゆすりガジェット”の『YUREX』を開発したカヤックや、スクウェア・エニックスの名前も。スクウェア・エニックスが開発中のゲーム『Judecca』は、通常は見えない敵をリラックス状態で見えるようにして、さらに集中した状態で攻撃するFPSになる模様。少なくとも『マインドシーカー』よりは面白いゲームになりそうです。アプリケーションがどれほど充実していくのか、今後に注目できます。

新しい操作方法は、それだけでゲーム性を感じさせるもの。ブースがにぎわうのも納得できます。新しいもの好きな読者の皆さん、一度試してみてはいかがでしょうか。

・関連リンク
NeuroSky 日本語サイト(10月1日オープン)

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会