体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カメラ屋店頭の印象にだまされるな!立体デジカメ『FinePix REAL 3D W1』レビュー

20090821_211924

季節ごとに各社から発売されるデジタルカメラの新製品。その中でもなかなか目をひくモデルが富士フイルムから今夏発売された『FinePix REAL 3D W1』ではないでしょうか。

なんとレンズや撮像素子が1つのボディに2対ついており、右目用・左目用と微妙に位置のずれた2枚の写真を同時に撮影することで立体写真を手軽に撮れてしまうという、今までにない不思議カメラです。

新しもの好き、ガジェット好きのみなさんならきっと気になる新製品のはず。さっそく電気店やカメラ屋さんの店頭で既に実物を触ってみた方も多いでしょう。

ガジェット通信編集部では、メーカーからこのカメラをお借りするとともに、記者が個人的にも購入し1ヵ月以上使い倒しました。
その上ではっきりとここで断言します。

「『FinePix REAL 3D W1』を語る上で、店頭での印象にだまされるな!」

20090903_113522

・立体写真とその仕組み

人間が立体を立体として認識するためにはいくつかの要素があるのですが、『FinePix REAL 3D W1』は、そのうち一番効果が大きい“両眼視差”という原理を利用して立体写真を撮影します。

と、文章で説明すると小難しい感じになってしまいますがしくみは簡単。人間は右目と左目の微妙な位置の違いにより、それぞれの目に入る景色が微妙に異なります。その“微妙な差”を脳が勝手に処理して人は立体感を感じる、というのが“視差”です。

なので、立体で写真を撮る時も右目分と左目分の2枚の写真を撮り、それぞれ右目と左目に別々に見せてあげればいい。この概念そのものはもう100年以上昔からあり、昔から立体写真というものは撮られているのですね。それを現代の技術でコンパクトデジカメに落とし込んだのが『FinePix REAL 3D W1』というわけ。だからこのカメラには2対のレンズと撮像素子がついているのです。

20090822_155032

・ステレオベースと立体写真のノウハウ

この、“右目用”と“左目用”のレンズの位置のずれ幅のことを立体写真の世界では“ステレオベース”といいます。人間の眼と眼の間の距離は一般的には65mm。つまり、この“ステレオベース”で撮影すると、人間の目で見た感覚とほぼ同じ立体写真になるわけです。そして、ステレオベースを広くすると、立体感が強調され遠い被写体の立体感が増し、逆にステレオベースを狭くすると、近い被写体の立体感がより自然に見えるようになります。

『FinePix REAL 3D W1』のステレオベースは77mm。つまり若干立体感が強調される傾向にあります。

なぜレビューでこんな話をするか、というと、“自然で楽しい”立体写真を撮るためにはある程度知っておかないといけない知識だから。これは裏返すとまだ立体デジカメという商品が“誰でもシャッターを切るだけできれいで完璧な写真が撮れる”わけではない、という意味でもあります。が、今までの写真というシステムから外れた商品である以上、ある程度は仕方ないことでしょう。

ほかにも、“自然で楽しい”立体写真を撮るにはいままでの普通の写真とは違った構図、違った被写体を選ぶ必要があります。

たとえば普通の写真では、メイン被写体の前に別の物体がかぶるなんて言語道断な構図のとりかたです。が、立体写真にすると立体感が感じられてこれが逆におもしろかったりします。

20090905_020850
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。