体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネットでクリエイターは食っていけるのか!? 西又葵・岸田メル・佐藤秀峰らが語る『現代の絵師が生計を立てるには?』

エンタメ
クリエイター奨励

2月19日、ドワンゴコンテンツにて生放送『ニコニコ“クリエイター奨励”新発表~現代の絵師が生計を立てるには?~』が行われた。放送は2部構成となっており、第1部では『niconico』のサービスの一つである『クリエイター奨励プログラム』について、第2部では西又葵さん、岸田メルさん、佐藤秀峰さんの3名のクリエイターと『DLSite.com』の高原真志さん、『TINAMI』の篠田匡弘さん、ドワンゴの伴龍一郎さんの3名とMCのまつもとあつしさんの7名によるクロストークが行われた。

第1部 クリエイター奨励プログラム

クリエイター奨励

第1部では、現在行われている『クリエイター奨励プログラム』の現状報告と追加機能の情報提供が行われた。

以前までは動画メインで対応していた奨励プログラムであったが、今後は“静画”にも積極的に対応していくことが決定。また、以前は投稿者アカウントでのみ奨励金を受け取ることができていたのだが、今後は投稿者が指定した複数のアカウントに任意割合で奨励金を分配することが可能になる。これによって、複数のクリエイターで共同制作した動画や、線画と色塗りで別々の絵師が作成した“静画”なども複数のクリエイターが同時に奨励金を受け取ることが可能になる。この分配は4月以降に導入予定だそうだ。

ちなみに、現時点で配布された奨励金の総額は3億336万8632円分。受け取った人数はユニークユーザーで3973人。この人数を多いと見るか、少ないと見るかは議論の余地がありそうだ。また、支払額別に見ると1000万円以上が3人、500万円~999万円が4人、100万円~499万円が56人いるそうだ。このあたりの上位クラスのユーザーは、おそらく『niconico』内だけで生計を立てていると言ってもよいのではないだろうか。こうした高額を受け取るユーザーが多数いることから、『niconico』内で確定申告用紙がダウンロード可能になった。

第2部 パネルディスカッション

パネルディスカッション

第2部では、イラストレーターの西又葵さん、岸田メルさん、漫画家の佐藤秀峰さんの3名がクリエイターサイドとして、高原真志さん、篠田匡弘さん、伴龍一郎さんの3名が編集・プラットフォームサイドとしてトークを繰り広げた。

「ネットでクリエイターが生計を立てていくことができるのか?」というテーマでのパネルディスカッションで、まずはデビューしたきっかけについて語った。今回登壇した3名それぞれのクリエイターたちがデビューしたきっかけは三者三様であった。西又さんは自身の発行した同人誌の奥付に書いていた住所に連絡があったことから商業誌デビューのきっかけとなったという。岸田さんは元々自分のサイトにイラストをアップロードしていたものを雑誌の編集者が見て連絡をしてくれたことがきっかけとなった。佐藤さんは、編集に電話をしたり、作品を持ち込んだりと昔ながらのやり方でデビューを果たしたそうだ。

1 2 3次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会