体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あのTHE ALFEEがバックバンドに? 『のどごし 夢のドリーム』で夢をかなえた一般人が中野サンプラザでライブを実現

あのTHE ALFEEがバックバンドに? 『のどごし 夢のドリーム』で夢をかなえた一般人が中野サンプラザでライブを実現

「プロレスラーになってリングに立ちたい」というサラリーマンの夢をかなえて、長州力選手との対戦を実現した『キリン のどごし<生>』の『のどごし 夢のドリーム』、第2弾の企画が2月11日に実現しました。今回は「もう一度バンドを組んでステージで演奏したい!」という延(のぶ)真知子さんが、THE ALFEEをバックバンドに従えた“MACHIKO BAND with THE ALFEE”を結成。中野サンプラザで1800人の観衆を前に一夜限りのスペシャルライブを披露しました。第1弾に続き取材してきましたので、レポートをお届けします。THE ALFEEが“バックバンド”って、どういうことなのでしょう?

延真知子さんが4万5000人から選ばれた

今回、4万5000人の中から選ばれた43歳の会社員・延さんは、2人の娘を持つお母さん。学生時代にガールズバンドでドラムを担当していた延さんは、「もう一度バンドを組んでステージで演奏したい!」という夢を実現させるべく、20年ぶりにバンドを組むメンバーを探して奔走します。残念ながら、集まったメンバーはキーボードの清子(せいこ)さんただ1人という結果に。

助っ人はTHE ALFEE

メンバー集めに苦労する延さんに、スタッフから提示された助っ人メンバーがあのTHE ALFEE。延さんも清子さんもファンだったことから、演奏曲は2人の大好きな『星空のディスタンス』に決定します。練習に励むも、難しい曲のため演奏の完成度に悩む2人。

高見沢さんからメッセージ

そんな2人に、THE ALFEEの高見沢俊彦さんからビデオメッセージが届きます。「大切なのはハートです。テクニックではない」と語る高見沢さん。その後、坂崎幸之助さんも2人が練習するスタジオへ激励に訪れました。準備期間1か月の後、さらに1か月の猛練習を積み、レパートリーは『星空のディスタンス』だけというバンド“MACHIKO BAND with THE ALFEE”がステージ当日を迎えます。

ライトスティックの演出を練習

延さんのプロフィールと当日までの軌跡を紹介するメイキング映像の合間には、THE ALFEEの棚瀬チーフマネージャーが出演。観客が持ったライトスティックを使って、青いライトの中にピンクのハートが浮かび上がる演出が説明されます。ファンクラブなどから募集した観客1800人は息がぴったり。スタッフを含む一体感から、THE ALFEEがファンから愛されていることを実感する一幕でした。

延さん 清子さん

メイキング映像の上映後、いよいよ“MACHIKO BAND with THE ALFEE”が登場。高見沢さんプロデュースというド派手な衣装に身を包んだ延さんと清子さんが、THE ALFEEを従えてステージに現れます。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。