体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】スバルの安全技術『アイサイト』を応用した“ぶつからない!? ミニカー”の大演奏会に賛辞の嵐

【動画】スバルの安全技術『アイサイト』を応用した“ぶつからない!? ミニカー”の大演奏会に賛辞の嵐

運転席に2台のCCDカメラを搭載し、前方にある物体との距離や移動速度を認識して自動車を制御する、スバルの安全技術『アイサイト』。障害物の直前でピタっと止まるCMを見たことがある人も多いのでは? その『アイサイト』の技術を応用したミニカーを製作し、『アイサイト』のコンセプトを紹介する動画が『YouTube』で70万回以上再生されて「これはすごい」と話題になっています。

走行中だけ音が鳴るミニカー

動画に登場するミニカーは、前方に搭載する赤外線センサにより障害物を検知できる“ぶつからない!? ミニカー”。障害物の前で止まったり、前の車に車間距離を保ってついていくという『アイサイト』の機能を再現しています。今回紹介する動画では、これに音楽プレーヤーの機能を持たせ、走行中のときにだけ音楽が再生される仕掛けになっています。

1台のミニカーが箱の前でストップ

1台のミニカーが地下駐車場らしきスペースを走行。前方に置かれた箱を検知してピタっと止まります。

別のミニカーが現れてストップ

すると別のミニカーが走ってきて、最初の車の側面を検知してストップします。

次々と止まるミニカー

ミニカーはどんどん増えていき、止まっているミニカーを検知して次々に止まっていきます。それぞれのミニカーは走行中に音を鳴らしているのですが、演奏の特定のパートを鳴らしているようです。

ロボットアームが箱を除去

地下駐車場にはいつの間にかものすごい数のミニカーが停車してしまいました。するとロボットアームが現れ、最初のミニカーをストップさせた箱をそっと持ち上げて取り除きます。

一斉に走行を再開

最初のミニカーが障害物がなくなったことを検知して走り出すと、ほかの止まっていたミニカーも一斉に走行を再開。にぎやかに演奏を開始します。

演奏しているのは『トルコ行進曲』でした

交差しながら走るミニカーは、ぶつかりそうになると止まり、目の前からほかのミニカーがいなくなると走行を再開。大量のミニカーが交錯しながらまったくぶつからずに走行していく様は圧巻です。全体が走り出すと、演奏されているのはベートーヴェンの『トルコ行進曲』だったことが分かります。これはスゴイ……。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。