体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アルジェリア人質殺害事件とメディアスクラム

アルジェリア人質殺害事件とメディアスクラム

今回は佐々木 俊尚さんのブログ『Sasaki Toshinao』からご寄稿いただきました。

アルジェリア人質殺害事件とメディアスクラム

アルジェリア人質殺害事件での被害者名の問題について、昨日もFacebookで書いた*1。私の意見を要約すれば、以下のようなこと。

*1:「佐々木 俊尚」 『facebook』
http://www.facebook.com/sasaki.toshinao/posts/10151369150747044

つまり、新聞記者は『一人の人生を記録し、ともに悲しみ、ともに泣くため』などと高邁な理想で被害者の実名報道の重要性を語るけれども、実際にやってるのはメディアスクラムで遺族を追いかけ回しているだけ。つまり新聞記者の側は、「理想とすべき報道理念」を語っているけれども、遺族取材を批判する人たちは「現実の報道の姿勢」を問題にしているということ。

この乖離を埋める努力をしない限り、新聞記者の理念などだれにも理解されないよ、ということを書いたのだった。

しかしこの乖離を(たぶん無意識のうちにだと思うけれども)回避させている意見が、今日にいたってもあいかわらずマスメディアの側に目立っている。

たとえばカバの人が語るイメージ先行のメディア批判とメディアの説明責任*2というTogetterのまとめ。このカバオ・クリシュナさんは報道の業界の方じゃないかと思うのだが、以下のように書かれている。

*2:「カバの人が語るイメージ先行のメディア批判とメディアの説明責任」 『togetter』
http://togetter.com/li/443640

「日揮社員の実名匿名問題について一言だけ。遺族の感情を慮るのは大事だけど、なぜ『マスコミが取材に行くと遺族が傷つく』という前提で話をしようとするのか。震災の時もそうだったが、現場の記者が信頼されていなければ世に発信できなかった遺族のストーリーはたくさんあった。これも遺族取材の成果」

「ザクッと言うと、遺族取材ってものすごくしんどいんですよ。声かけるのだって憚られるというか気が重い。正当化するわけじゃないけど、遺族の感情を正面から受け止めようとするのは軽い覚悟ではできない。それでもやる価値があると思うからやります。意味がないなんてことは絶対にない」

「遺族取材がすべてメディアスクラムだと思っている時点でスタート地点が違いすぎる」

この気持ちは私もよくわかる。遺族取材というのは実に気が重く、たいへんな取材だからだ。それはその通り。

しかし。ここでカバオさんが言ってる「遺族取材」、私も同意した「遺族取材」というのは、事件発生直後のメディアスクラムのことではない。たぶんここで言われている「遺族取材」というのは、事件発生からだいぶ日にちが経っていたり、まだ他社の記者が気づいていなかったりして、自分以外には取材者がいないという状況。つまりメディアスクラムにはなっていない状況の中での取材のことだ。

以下の新聞記者おふたりの意見も、そういう「非メディアスクラム遺族取材」を念頭に入れて書かれている。

福島香織さん(@kaokaokaokao)
「遺族取材して、裏切られた、傷つけられたと取材対象に思われるのは、すべて記者の能力と姿勢と信義の問題。きちんと、心開いてもらって、話終わって、供養になったと言われる記者も実際いる」

斗ヶ沢秀俊さん(@hidetoga)
「私も昔、何度も遺族取材をしましたが、申し訳ない気持ちで話を聞きに行きます。もちろん、門前払いもありますし、話をしたくないと言われたら、無理に聞こうとはしません。多くの記者はそうしていると思います」

私はお二人の気持ちはとてもよくわかる。でもその一方で感じるのは、「なぜかみなさん、自分も自分に近い人もメディアスクラムには関係がなく、真っ当な取材をしていると言いたがるね」ということだ。まあ「私はメディアスクラムをしてきました」とは書きにくいだろうからかもしれないが、ではそういうメディアスクラム的な非道な取材をしている人がそんなに稀なのなら、なぜあれほどの社会問題になってしまうのだろうか? メディアスクラムの記者はいったいどこにいるんだろうか?

さらに言えば今回、アルジェリア事件被害者遺族をだまし討ちにして取材した朝日記者*3は、そんなに例外的な存在なのだろうか? なぜこれほどまでに情報が公になるインターネット時代になっても、同じようなことをくり返す記者が出てくるのはどうしてなのだろうか?

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy